주요 기사 바로가기

日本人ギタリストの告白「元慰安婦のおばあさん、本当にすみません」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.21 09:51
0
「告白します/テレビニュースや新聞記事を通じて慰安婦に関する話を初めて聞いた時/私はあまりにも驚きました/(中略)/私はあまりにも申し訳なくて、あまりにも胸が痛んで/長い間、慰労の言葉さえ出ませんでした(後略)」

穏やかなギターの旋律に乗って出てくる、ある日本人の告白。画面には、その主人公の男が思いにふけりながらギターを弾いている。彼とともに元慰安婦のおばあさんたちの証言映像などが流れる。「ぜひこの歌が、その昔少女だった元慰安婦のおばあさんたちにとって小さななぐさめになるよう願います」。タンゴ風の明るいリズムと共に、低いけれども真心がこもったナレーションが終わる。

今月5日、YouTube(ユーチューブ)で公開された『花吹雪になって』という曲だ。「元慰安婦おばあさんの慰労の曲」という副題をつけたこの曲は、日本人ギタリストの畑秀司氏(54)が書いた。27年間韓国に住みながら韓国人女性と結婚して4人の子供も持つ家長だ。19日に会った時、彼は「曲を発表するまで勇気が必要だった」と話した。

「かなり前からそんな(慰労の)気持ちを込めて曲を出したかった。ところが日本の極右団体の嫌韓活動が激しくなって周辺の人が『わざわざ出ていくことがあるか』と引きとめた。日本に住む兄たち家族の心配もあって…」。

それでも今年は、やり過ごせなかった。光復(解放)70周年、韓日修交50周年。その上おばあさんたちの死去の便りがたびたび聞こえてきた。8月15日、日本の安倍晋三首相の談話を聞いて「曲の発表をよくやった」という気がした。

「(首相談話は)戦争の中でだれもが被害者という形だった。謝罪が抜けていた。(問題を)避けようとしてはいけないと思う。被害を受けた人々が残っているのに配慮すべきではないか」。

彼は今回の曲のナレーションを書きながら「本当にすみません」という言葉を入れた。一個人であり、安倍首相式の基準では戦後世代に該当するが、責任感を感じるといった。韓国人だけでなく日本人たちも彼のフェイスブックに「応援する」というコメントを残している。

韓国に来たのは1988年。日本語講師の生活を経て38歳で職業ギタリストの道に入った。「YouTubeギターの神童」で有名になったチョン・ソンハ君を3年間指導もした。現在は韓国歌手ウ・ジンヒと「ブルーチーズ」グループで活動中だ。ウ氏は『花吹雪になって』に歌詞を付けたバージョンを歌った。歌詞はフォークデュオ「四月と五月」出身で「共にする音楽制作人協会」のペク・スンジン協会長が書いた。『花吹雪になって』は、風に乗って飛んでいく花びらに、元慰安婦のおばあさんの人生を重ね合わせて表現したものだ。

畑氏は「日本人の私に関係なく今まで情を施してくれた韓国の家族・友人・同僚のおかげで勇気を出すことができた」としながら「宿題を終えたような、さっぱりした気持ち」と話した。

「元慰安婦のおばあさんたちに直接会って音楽をプレゼントしたいけれども、イベントのように映るのではないかと思って躊躇している。志を同じくする日本のミュージシャンが相次いで出てきて皆で一緒に慰労公演できる日が来たらと思う」。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP