주요 기사 바로가기

韓国主力産業、輸出競争力に「赤信号」…円安に加えて元切り下げが影響(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.17 15:25
0
造船に続き携帯電話や鉄鋼業種の輸出競争力も中国に追い抜かれたことが調査された。自動車とディスプレイ業種の輸出競争力も2009年よりも下落して「輸出韓国」の地位が大きく揺らいでいる。韓国経済新聞が16日、韓国経済研究院と共に世界金融危機直後の2009年以降の8大主力産業の貿易特化指数(TSI)を分析した結果、このように分かった。貿易特化指数(-1~1)は、輸出製品の比較優位を判断する指標で、1に近いほど輸出競争力が高いことを意味する。この指数は技術力の他に価格競争力も考慮されている。

韓国の携帯電話業種のことし1-3月期の貿易特化指数は0.39で、2009年(0.73)より46.6%下落した。1-3月期に0.63を記録した中国の携帯電話業種の貿易特化指数を下回った。輸出競争力が中国よりも遅れているという意味だ。

韓国の鉄鋼業種の貿易特化指数は2009年-0.09から1-3月期0.12に改善されたが、価格競争力を武器として前面に押し出した中国に首根っこをつかまれた。中国の鉄鋼業種の貿易特化指数は同じ期間-0.35から0.46に上昇して韓国の鉄鋼業を上回った。同期間、造船業種の貿易特化指数は韓国が0.87から0.84に下落した半面、中国は0.93から0.99に上昇して差がさらに広がった。8業種のうち自動車(-25%)やディスプレイ(-13.8%)の輸出競争力も2009年より弱まった。半導体(283.3%)、石油化学(18.8%)、家電(15.4%)は貿易特化指数が上昇したものの、中国との差は相当縮まった。

韓国の主力8大業種のうち、4つの輸出競争力で赤信号が点灯した。携帯電話・鉄鋼・造船はすでに中国に追い抜かれ、残りの業種も安心できない状況だ。円安で競争力を回復した日本と人民元の切り下げなど政府政策に後押しされた中国の間に挟まって身動きが取れない「サンドイッチ」身分に転落する懸念が大きくなっている。


韓国主力産業、輸出競争力に「赤信号」…円安に加えて元切り下げが影響(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP