주요 기사 바로가기

朝日新聞「安倍談話、出すべきではなかった」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.17 10:27
0
安倍首相の戦後70年談話に対する日本メディアの論調は分かれた。朝日新聞は「戦後70年の安倍談話 何のために出したのか」と題した15日付の社説で談話を強く批判した。

同紙は「安倍首相の談話は、戦後70年の歴史総括として、極めて不十分な内容だった」とし「日本が侵略し、植民地支配をしたという主語はぼかされた。反省やおわびは歴代内閣が表明したとして間接的に触れられた」と指摘した。続いて「この談話は出す必要がなかった。いや、出すべきではなかった。改めて強くそう思う」と明らかにした。

侵略の部分については「『侵略的事実を否定できない』などと認めてきた村山談話以前の自民党首相の表現からも後退している」と評価した。同紙は「謝罪を続けたくないなら、国際社会から偏った歴史認識をもっていると疑われている安倍氏がここで潔く謝罪し、 国民とアジア諸国民との間に横たわる負の連鎖を断ち切る――。こんな決断はできなかったのか」と問うた。

日本経済新聞は社説で「『歴代内閣の立場は今後も揺るぎない』など、談話がおおむね常識的な内容に落ち着いたことを評価したい」とし「安倍首相は歴史の細部にこだわるのではなく、どうすれば未来志向の外交関係を築けるかに傾注してもらいたい」と求めた。読売新聞は「先の大戦への反省を踏まえつつ、新たな日本の針路を明確に示したと前向きに評価できよう」と論評した。

安倍談話に対する世論調査では肯定的な評価が否定的な意見を上回った。共同通信の14、15日の調査の結果、「評価する」という回答は44.2%と、「評価しない」(37%)に比べ7.2ポイント高かった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP