주요 기사 바로가기

後退した安倍首相、前に出た朴大統領

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2015.08.16 09:26
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が15日、光復(解放)70周年の祝辞で日本に向け投げかけたメッセージは「過去型謝罪に対する未来型回答」だった。前日発表された日本の安倍晋三首相の談話に対し物足りなさを示したが批判を自制し関係改善の余地を残した。就任初年度と昨年に比べ語調がやわらかくなった。歴史問題に対する原則対応と同時に互いに実利を得ることができる分野での協力並行が要旨だ。これまで原則に置かれた重心が実利側に柔軟に移動する姿だ。

朴大統領はこの日ソウル・世宗(セジョン)文化会館で開かれた光復70周年中央慶祝式祝辞を通じ、「安倍首相の談話はわれわれとしては残念な部分が少なくない」としながらも、「侵略と植民地支配、慰安婦問題などに対する謝罪と反省を根幹とした過去の内閣の立場は今後も揺らがないと国際社会に明確に示した点に注目する」と話した。延世(ヨンセ)大学のソン・ヨル国際学大学院長は、「安倍談話だけで妄言だと断言するのは難しい。多少不満はあるが受け入れるほかない立場なのでそのような状況が祝辞に反映された」と分析した。

朴大統領はまた、「今後日本政府は過去の内閣の歴史認識を継承するという公言を一貫して誠意ある行動で後押しし、隣国と国際社会の信頼を得なければならない。正しい歴史認識に基づき新しい未来にともに進まなければならない時」と強調した。韓国政府高位当局者は、「安倍談話は満足ではないが韓日関係をツートラック(過去史と安保・経済など問題分離)で引っ張っていくという意味」と説明した。

対北朝鮮メッセージには画期的な内容は見られない。ツートラック基調が盛り込まれたがトーンは多少強かった。金正恩(キム・ジョンウン)政権の態度に変化が見えないところに光復節直前に北朝鮮軍が地雷挑発を行ったという点から前向きな内容を多く入れるには負担が大きかったというのが専門家らの分析だ。朴大統領は、「北朝鮮は挑発と威嚇で体制を維持するという迷夢から目覚めなければならない」と批判した上で、「真の光復は民族の統一を通じて初めて完成されるだろう」とした。地雷挑発に対しては「北朝鮮のいかなる挑発にも断固と対応するだろう」と警告した。報復の代わりに対応で水位を調節した痕跡が見られる。

朴大統領はまた、これまでと同じく核開発の即時中断、軍事的緊張緩和、信頼構築を続けて取り上げ、具体的には離散家族再会の再開を提案した。特に6万人余りの韓国側離散家族名簿を北朝鮮側に一括伝達する意向を明らかにし、「北朝鮮も参加して南北離散家族名簿交換を年内に実現できるよう望む」とした。東国(トングク)大学のキム・ヨンヒョン北朝鮮学科教授は「北朝鮮を動かすことができる画期的なビジョンとカードが抜けた」とし、「離散家族再会定例化と金剛山(クムガンサン)観光再開をまとめて高位級会談を提示するべきだった」と話した。

一方、日本の明仁天皇はこの日東京の全国戦没者追悼式で「さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願う」とした。天皇が追悼式で「深い反省」に言及したことは今回が初めてだと日本メディアは報道した。有村治子女性活躍担当相ら現職閣僚3人と国会議員約100人はA級戦犯を合祀した軍神神社である安国神社を参拝した。(中央SUNDAY第440号)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP