주요 기사 바로가기

朴大統領、中国の抗日全勝行事への出席「ジレンマ」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.10 11:41
0
朴槿恵(パク・クネ)大統領が来月3日、北京で開かれる中国の抗日戦争勝利記念行事に参加するかをめぐって苦心中だ。今年3月、中国政府から公式な招待を受けた朴大統領はこれまで参加する方向で検討してきた。ところがオバマ米国大統領をはじめ主な西側諸国の首脳に続き最近、日本の安倍晋三首相も中国への訪問計画をとりやめたことが分かり計算が複雑になった。

安倍首相が習近平中国国家主席の記念式行事の招待を受け入れて中国を訪問し、首脳会談が実現すれば朴大統領の中国訪問は自然な外交の歩みになりうる。だが南シナ海の領有権紛争をめぐり中国と対立を見せている日米の両首脳がそろって参加しない状況で、朴大統領だけが参加すれば韓米関係と韓日関係に少なくない負担となる恐れがある。対内外的に「朴大統領が中国にあまりにも傾倒している」という指摘が再び提起される可能性がある。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)核心関係者は9日、朴大統領の出席の有無について「まだ決定していない」と話した。1カ月も残っていない大統領の海外訪問日程が流動的というのは多少異例なことであり、それだけかなり苦心しているというのが政界と外交家の分析だ。

こうした中、日本の共同通信はこの日「米国が韓国政府に、中国の抗日勝利記念行事に朴大統領が参加しないことを外交筋を通じて要求した」と報道した。米国側は朴大統領が行事に参加すればそれ自体が「中国が韓米同盟を亀裂させた」というメッセージを伝えることと同然になりかねない上、韓米日の協力を軸にしているオバマ政権のアジア重視戦略にも影響を与えるという意を伝えたと共同通信は報道した。これに対して外交部当局者は「事実無根」として「(外交的に)ありえない話であり、実際にそんなこともない」と明らかにした。尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は5日マレーシアで開かれた東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議で中国の王毅外相に会い、朴大統領の出席の有無について諸般の事情を検討して立場を決めると説明したと伝えられた。

中国は抗日勝利70周年記念の閲兵式に世界各国の首脳を大勢招待した。だが主要国の首脳は決定を留保しているという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP