주요 기사 바로가기

日本の大卒就職率、21年ぶり最高…「ニート」も減少

ⓒ 中央日報日本語版2015.08.07 17:06
0
日本の大卒者の就職率が21年ぶりに70%を超えた。

文部科学省が6日に発表した「平成27年度学校基本調査(速報値)」によると、今春の大学卒業者の72.6%が就職したことが分かった。前年度に比べ2.8ポイント上昇した。

日本の大学卒業者の就職率は5年連続上昇し、1994年(70.5%)以来21年ぶりに70%を上回った。就職者のうち正規雇用は38万8606人、契約職や派遣職など非正規雇用は2万1148人だった。

進学も就職もしていない人は5万8093人(10.3)と、前年度(6万8484人)より減少した。このうち進学も就職も準備していない「ニート」も前年を大幅に下回る約2万4000人だった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP