주요 기사 바로가기

「日本企業の4-6月期実績、アジアで最高」

ⓒ 中央日報日本語版2015.08.06 14:37
0
アベノミクスにともなう円安効果で、日本企業が予想を上回る実績をおさめたことが明らかになったとブルームバーグ通信が5日報道した。

ブルームバーグによれば東京証券市場のトピックス(TOPIX)指数で1株あたり純利益がアナリストの予想を上回った種目は159社と、予想より振るわない実績を発表した97社よりもはるかに多かった。これに対してMSCIアジア太平洋指数(日本除く)の構成銘柄を見ると、市場予想を上回ったのは74社、予想に及ばなかったのが96社と逆転した。

特に日本でトップの自動車企業であるトヨタは、前日の実績発表で4-6月期の当期純利益が昨年同期よりも10%(586億円)増えた6463億円で史上最高を更新した。

ブルームバーグはこうした日本企業の成績が、韓国やインド・台湾などとは対照的にアジアで最高水準だと伝えた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP