주요 기사 바로가기

金正恩、万景台にトウ小平など「ろう人形展示館」承認…中国に和解の信号

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.08.06 10:49
0
北朝鮮と中国が金日成(キム・イルソン)の生家がある万景台(マンギョンデ)にろう人形展示館を共同で設立する。最近関係が冷え込んでいた朝中双方が展示館を通じて過去の「血盟」関係を復元しようという動きと解釈される。

環球時報は5日、中国の偉人ろう人形館と北朝鮮の万寿台芸術創作社が共同で平壌(ピョンヤン)万景台にろう人形展示館を設立する予定だと報じた。万景台は金日成の出生地であり、北朝鮮では革命のゆりかごと呼ばれている。

展示館設立の中心にいる人物は中国偉人ろう人形館の章黙雷館長。章館長は1996年に金日成主席のろう人形を制作、2013年には金正日(キム・ジョンイル)総書記のろう人形を作って北朝鮮に提供した。金正日の母・金正淑(キム・ジョンスク)のろう人形も制作し、北朝鮮に送った。このような活動が認められ、昨年、章館長は北朝鮮から外国人では初めて「人民芸術家」称号を受けた。

展示館の設立は章館長の提案が発端となった。章館長は「昨年万景台を訪れた時、ここにろう人形展示館を設立すればよいと思った」とし「金正恩(キム・ジョンウン)第1書記に手紙を書いて設立を提案し、許可を受けた」と乗べた。章館長は「北朝鮮が北朝鮮式のデザインを守っているため、これを調整する過程が残っている」としながらも「展示館をレベルの高い芸術館にする」と語った。

展示館は金日成の生家から数百メートル離れたところに設立される。全体の敷地は5000平方メートル(約1512坪)となる予定だ。朝鮮労働党の革命闘争に参加した人物を展示する「革命館」、訪朝した各国首脳のろう人形を展示する「友誼館」、建国後の英雄と模範人物像を展示する「功勲館」の計3つの展示室で構成される。

この中には過去に訪朝した中国指導者のろう人形も含まれると、環球時報が報じた。過去に訪朝した中国の指導者には、71年に平壌を訪問した周恩来首相、78年に朝鮮民主主義人民共和国建国30周年記念行事に合わせて訪朝したトウ小平らがいる。

◆中国外相「イランより先に北の核が解決されたはず」

中国の王毅外相が5日、「9・19共同声明さえきちんと履行されていれば、北朝鮮の核問題がイランの核問題より早く解決されていただろう」と述べた。ASEAN地域安保フォーラム(ARF)外相会議に出席するためマレーシア・クアラルンプールを訪問した王外相はこの日午後、記者らに対し、「実際、北朝鮮の核問題を解決しようという努力がイランの核問題解決より進展が速かった」とし、このように述べた。9・19共同声明は2005年の6カ国協議で採択され、北朝鮮の核開発放棄、その見返りとして体制を保障して経済的支援をする内容を盛り込んでいる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    金正恩、万景台にトウ小平など「ろう人形展示館」承認…中国に和解の信号

    2015.08.06 10:49
    뉴스 메뉴 보기
    金正恩(キム・ジョンウン)第1書記
    TOP