주요 기사 바로가기

韓国、関税低くなったタイヤ・合成樹脂の輸出急増

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.31 15:17
0
韓国とカナダの自由貿易協定(FTA)が今年1月に発効されて以降、関税引き下げ品目の輸出入の増加傾向が明確だ。韓国は自動車用タイヤや合成繊維などの輸出が大きく伸び、カナダは農水産物など食品分野で恩恵を受けた。数年以内に主な商品の関税がなくなれば、両国が期待していた貿易拡大効果が一層可視化するというのが政府と業界の共通した展望だ。

◆車輸出の減少率も全体平均下回る

30日、韓国貿易協会によればFTAが発効されてから韓国の対カナダ輸出が明確に増加した品目の1つはゴム製品だ。今年上半期の輸出額は5971万ドルで、昨年同期よりも12.6%増加した。ゴム製品の関税は最大15.5%から今年10.3%に下がった。乗用車タイヤ(3929万ドル)だけでも輸出増加率が43.5%に達する。ゴム製品の関税はほとんど2017年までに完全になくなる。

 
合成樹脂(4029万ドル)の上半期の輸出増加率も関税の下落効果などのおかげで24.3%と集計された。関税が4.6%から3%に下がった染色合成繊維は、上半期の輸出額が174万ドルで昨年同期対比25.4%増だ。セメントなども今年に入ってから6カ月間で輸出額が28.6%増加した。

関心を集めていた自動車は上半期の輸出額が12億2156万ドルで3.7%減った。貿易協会通商研究室の関係者は「円安で競争相手である日本の自動車の価格競争力が強化されるなど韓国の自動車輸出実績が全般的に悪くなった」として「FTAにもかかわらず、カナダでもこうした影響から自由でなかったことと解説できる」と説明した。ただし韓国の上半期全体の自動車輸出額(238億ドル)が6.4%下落したという点に照らし合わせてみれば、それなりにカナダではFTAのおかげでファインプレーだったという評価も出てくる。自動車関税は6.1%から今年4.1%に下がり、2017年に完全撤廃される。全体輸出額の半分を担う自動車輸出が減少しながら上半期の対カナダ輸出額(24億5783万ドル)も5.4%減少した。

◆カナダ産の水産物輸入2倍以上伸びる

カナダは食品分野でFTA効果を体感した。牛肉など肉類の対韓国輸出が上半期に35.5%増加し、穀物・果実類(29.6%)やエビ・ロブスターなどの甲殻類(15.8%)の輸出も伸びた。カナダのテレサ・ワットBC(ブリティッシュ・コロンビア)州国際通商貿易長官は「韓国が米国、豪州、欧州連合(EU)などと先にFTAを締結して2011年以降、カナダとの貿易が萎縮していた」として「今は関税障壁が低くなり1-3月期だけで農産物の輸出が930万トンから1740万トンに増えて水産物も110万トンから260万トンに拡大するなど回復傾向がはっきりと感じられる」と話した。

これに伴いBC州はFTAを活用した輸出拡大に積極的に乗り出している。韓国に貿易使節団を派遣し、先月には韓国輸入業者らをバンクーバーに招いて大規模な貿易投資フォーラムも開催した。BC州の対韓国輸出額はカナダ全体輸出額の半分を超える。BC主州はサケなどの水産物や木材、バイオエネルギー産業を通じて韓国での輸出を一層増やすという計画だ。

FTAが発効されたがカナダの上半期の韓国での全体輸出額は21億5801万ドルで、昨年同期より20.5%も減少した。これについて業界では、輸出物量が減ったというよりも原油価格など国際原材料価格が下落して資源の輸出割合が高いカナダが打撃を受けたと分析した。

産業通商資源部の関係者は「FTA効果は長期的に確かめてみなければならないが、関税の下落効果が大きい品目を中心にすでに肯定的な変化が出ている」として「数年以内に関税が完全に消えればFTA効果が一層出てくるだろう」と展望した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP