주요 기사 바로가기

<ロッテ経営権紛争>継承は結局、辛格浩会長の手に

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.29 11:12
0
創業者の一線退陣事態まで招いたロッテグループ2世の兄弟間経営権紛争。葛藤が触発した原因と今後の行方など疑問点を問答形式で整理した。

Q.辛東主(シン・ドンジュ、重光宏之)前日本ロッテ副会長の「クーデター」はなぜ起きたのか。

A.昨年12月27日から今年1月8日にかけて辛東主前副会長が日本ロッテの主要職責から解任されて始まった。辛前副会長が2013年からロッテ製菓の株式を取得し、辛格浩(シン・ギョクホ、重光武雄)総括会長に憎まれたというのが定説だ。その後、ロッテ建設・ロッテリアなど韓国ロッテの主要系列会社の登記役員からも解任されるなど、辛格浩総括会長が「辛東彬(シン・ドンビン、重光昭夫)ワンロッテ」の意志を固め、再起を狙った辛東主前副会長の不満が強まった。特に15日、辛東彬会長が日本ロッテホールディングス(HD)代表取締役になると、電撃的に事件を起こした。

Q.27日に辛格浩会長が取締役6人を解任した決定が不法だという辛東彬会長側の主張の根拠は。

A.ロッテによると、取締役会が正式に招集されなかったからだ。辛総括会長は辛東主前副会長が見守る中、手で取締役の名前を指して解任するよう日本ロッテホールディングスの職員に指示したという噂だ。その後、自分が解任した佃孝之副会長に「よろしくお願いする」と話したという。このため高齢者である辛総括会長の当時の状況判断が正常でなかったという指摘がある。

Q.今後、経営権がひっくり返る可能性はないのか。

A.辛東主前副会長が日本ロッテホールディングスの保有株で株主総会を招集した後、取締役6人を自分に友好的な人物に交代すれば、状況を変えることができる。しかし日本ロッテホールディングスの最大株主は27.65%の株を保有する光潤社だ。兄弟が等しく光潤社の株を29%ずつ持つが、今回、光潤社の自社株(12%)が辛東彬会長に渡って最大株主になるだけに、辛東主前副会長が日本ロッテホールディングスの株主総会を招集する実益が小さくなる。ただ、辛格浩総括会長と辛英子(シン・ヨンジャ)ロッテサムドン福祉財団理事長が保有株を辛東主前副会長に集めれば、経営権をめぐる葛藤は続く可能性が高い。財界では「突発状況で退くことになった辛格浩会長が最終的に誰に軍配を上げるかがカギ」と見ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP