주요 기사 바로가기

韓国与党代表「米国、日本の歴史歪曲に影響力行使すべき」

ⓒ 中央日報日本語版2015.07.29 11:08
0
米国を訪問中の韓国の金武星(キム・ムソン)セヌリ党代表は28日(現地時間) 、「米国も日本の安倍晋三首相に歴史歪曲に関連して影響力を行使すべきだ」と米国政府に促した。

金代表は同日、ワシントンD.C.の国務省でダニエル・ラッセル次官補(東アジア・太平洋担当)と行った会談でこのように強調したと、同席していた金栄宇(キム・ヨンウ)首席報道官が伝えた。

金代表は「日本の歴史歪曲は到底容認することができない」とし「安倍首相が第2次世界大戦終戦70年にあたる今年8月15日の記念の辞で歴史を歪曲しないように米国も影響力を行使すべきだ」と述べた。

金代表はまた韓中関係にも言及し、「韓国と中国との経済関係が大きくなっているが、これは韓国と米国の堅固な同盟に基づいた交流」と伝えた。

これについてラッセル次官補は「米国は韓国の防衛に堅い意志があり、韓半島(朝鮮半島)非核化と統一にも堅い意志がある」と明らかにした。また「韓国には米国という友人と自由市場を持つ日本がある」とし「韓国の地位は世界的なイシューにより、ますます増大している」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP