주요 기사 바로가기

サムスン、中国スマホ市場で現地企業に押されて5位に

ⓒ 中央日報日本語版2015.07.28 15:15
0
サムスン電子が今年4-6月期の中国スマートフォン市場で占有率5位を記録した。

28日、市場調査機関IHSによると、サムスン電子は4-6月期の中国スマートフォン市場において占有率9%(出荷量基準)を記録した。これは1-3月期9.7%から小幅下落した数値だ。これに伴い、サムスン電子は中国スマートフォン市場(占有率基準)で4位から5位に落ちた。

一方、中国スマートフォン企業は同じ時期、占有率を70%水準に引き上げて中低価格スマートフォン市場の支配力をさらに強めた。1位は占有率18%のシャオミ(小米)が占めた。次いでファーウェイ(華為)が16%で2位を記録し、Vivoが10%で4位を占めてサムスンを抜いた。

アップルは1-3月期より2%ポイントほど落ちた12%で3位を占めた。アップルは4-6月期の実績発表を通じて中国市場でのiPhoneの売上が1年前より85%増加したと明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP