주요 기사 바로가기

「中国発の三重悪材」に足とられた韓国経済(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.27 11:49
0
韓国経済が中国発の三重の悪材料に足かせをかけられている。三重の悪材料とは対中の中間材輸出減少、中国産製品の輸出競争力強化、中国資産市場の不安を意味する。中東呼吸器症候群(MERS)事態、雨不足など最近の経済成長率を下げた悪材料は一時的な要因と評価されている。中国発の三重悪材料は、輸出と内需に長期的に否定的な影響を与える恐れがあり対応策の用意が急務だと指摘されている。

◆対中輸出の減少憂慮

中国の中間材(資本財消費財などの生産に投入される半加工品、部品など)の自給率が上昇しながら半導体などの中間材を中国に輸出する韓国企業の実績減少が予想されている。

現代(ヒョンデ)経済研究院によれば中国の中間材の国産化比率(中間材自給率)は2004年の86.6%から2011年は90.1%に上昇した。中国政府が低付加価値の加工貿易(中間材や原材料を持ってきて完成品に組み立てること)を制限して製造業の強化政策を実施しているからだ。

2013年の韓国の中間材輸出額で中国輸出が占める割合は73.2%だ。研究院は今年の中国の中間材自給率が2004~2011年の平均上昇幅である0.5ポイント上昇すると仮定する場合、対中輸出額は約4.2%、名目国内総生産(GDP)は0.2%減少すると推定した。

もし自給率が1ポイント上がれば名目GDPは約0.5%減る展望だ。現代経済研究院のチョン・ヨンチャン研究員は「中国の完成品の製造過程で中国産の中間材割合が増える『チャイナ・インサイド』が加速化している」として「対中輸出の不振の懸念が広がっている」と分析した。
「中国発の三重悪材」に足とられた韓国経済(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP