주요 기사 바로가기

現代・起亜車、昨年ハイブリッド販売量世界3位…電気自動車は劣勢

ⓒ 中央日報日本語版2015.07.20 11:31
0
現代(ヒョンデ)・起亜車が昨年の世界ハイブリッド車市場で販売量3位となった。

20日、日本の自動車調査研究機関FOURINの世界自動車調査月報によれば現代・起亜車は昨年、全世界のハイブリッド車市場で7万7473台を販売した。トヨタ(116万2000台)、ホンダ(27万9000台)に続き3位だ。

現代・起亜車は2009年7月に世界で初めてアバンテとフォルテのLPiハイブリッドを発売した。2011年には世界で初めて「並列型ハードタイプ・ハイブリッドシステム」を搭載したソナタ・K5ハイブリッドを発売した。これに対し現代・起亜車のハイブリッド車販売量は2010年の6062台から2011年3万4863台、2012年は5万2590台に増えた。

一方、現代・起亜車は電気自動車市場の場合、昨年レイとソウルの計661台を販売するのにとどまった。ハイブリッド車と電気自動車を合わせた親環境車の全体販売順位は完成車企業の中で5位となった。

電気自動車はトヨタが118万3000台で1位を占めており2位はホンダ(27万9871台)、3位フォード(8万7208台)、4位日産(8万4316台)の順だった。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP