주요 기사 바로가기

日本で中国人が免税店“爆買い”…飛行機が離陸できず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.15 15:47
0
“お得意客”の中国人旅行客が日本の成田空港の免税店で過剰なショッピングをしながら中国行きの飛行機の30%が遅延出発する原因になっていると共同通信が14日報道した。

通信は、殺到する中国人観光客で空港免税店は“大儲け”できたが、航空会社は頭を痛めていると指摘した。飛行機の遅延出発は、乗客が空港免税区域で多くの土産物などをショッピングして搭乗前に荷物を再確認するのに追加で時間が必要とされながら発生している。このために成田空港には7月に入ってから乗客に携帯品の数量を制限する警告文が登場した。

7月初め、成田第1ターミナルで搭乗手続を終えた後カート2台分のショッピングバッグを押してきた30代の女性は「友人にあげるチョコレートを3万中国元(約60万円)分買ったところ、アクセサリー用のカバンをプレゼントにもらった」と話した。家族7人と一緒に成都から来たという別の女性は、友人にあげるお菓子20箱を持って飛行機の搭乗を待っていた。

今年2月の中国の春節(旧正月)以来始まった中国人旅行客の「爆買い」に、成田に就航する航空会社は成田空港側と遅延出発の対策議論を始めた。同じ状況は愛知県の中部国際空港でも起こっていた。空港運営関係者は「中国以外の地域に向かう航空便にも影響を及ぼす恐れがある」と懸念していた。成田空港は今年に入って免税店の営業利益が昨年対比33%増加したと明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP