주요 기사 바로가기

韓国、中国人観光客の増加にも再訪問・滞留期間は減少

ⓒ 中央日報日本語版2015.07.14 15:43
0
過去4年間の訪韓中国人観光客の再訪問者の比率と滞在期間が縮小したことが分かった。

韓国経済研究院が14日発表した報告書「中国観光客誘致活性化のための対応課題」でこのように明らかにし、中国人観光客の持続可能な誘致のための対策が緊急であると指摘した。

報告書よると、訪韓中国人観光客数は2001年48万人から2014年613万人と年平均21.5%増加したことが分かった。

しかし、中国人観光客のうち初めて訪韓した人の比率は2011年68.5%から昨年79.8%に増えたが、再訪問した人の比率は14.8%から11.6%に減った。

滞在期間も2011年10.1日から2012年7.5日、2013年7.1日、昨年5.7日と、徐々に減少している。

報告書は「最近、中国人観光客の再訪問率と滞在期間が減少している」とし「持続可能性を確保するためには量的成長だけでなく質的水準を高めなければならない」と強調した。

また「ショッピング観光とぼったくり料金に依存する低価格旅行商品を根絶し、中国の核心消費層である20~30代の新世代をターゲットにした商品開発を進めなければならない」と伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP