주요 기사 바로가기

円安空襲・中国産攻勢で韓国の自動車・鉄鋼は「くもり」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.14 07:47
0
日本トヨタのベストセラー中型セダン「カムリ」は最近、米国で2万2000-3万ドルで販売される。現代車のソナタもこの価格帯だ。もともとカムリはこれより高かった。しかし今年に入って円安が進み、ソナタと似た価格になった。現代車は円安に対抗して新車発売と攻撃的なマーケティングで孤軍奮闘しているが、下半期の見通しは厳しい状況だ。

大韓商工会議所(商議)は10余業種の団体と共同で13日に発表した「下半期産業気象図」で、現代車を含む自動車業種は上半期に続いて「くもり」と予想されると明らかにした。商議は労働界のゼネスト懸念、賃金交渉の難航なども自動車業種に悪材料になると憂慮した。

造船・鉄鋼・石油化学など、そのほかの「重厚長大主力産業」も同じだ。造船は海運業中心地ギリシャの債務不履行懸念が伏兵に挙げられた。原油安による海洋プラント不振も足かせだ。

商議は「自動車・造船業を食べて成長する鉄鋼業も低調」とし「中国の『低価格鉄鋼』の波状攻勢も状況を厳しくしている」と明らかにした。

一方、電子業種は「ややくもり」で、上半期に比べて回復する見込みだ。最近、世界的にモノのインターネット・ウェアラブル関連機器があふれ、韓国産情報通信技術(ICT)製品に追い風となっている。建設業も昨年から続く浮揚策で下半期もよい流れが続くとみられる。今年の国内建設受注は前年比12%増の120兆ウォン(約13兆円)にのぼる見込みだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP