주요 기사 바로가기

<韓日世界遺産葛藤> 「強制労役、英文が正本…日本、誠実に遵守する責任ある」

ⓒ 中央日報日本語版2015.07.09 14:54
0
韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官は9日、朝鮮人強制労役を反映した日本近代産業施設の世界遺産登録について「(日本が)誠実に後続措置を講じることによって両国関係が好循環的に発展していくよう役立つことを願っている」と述べた。

尹長官は、同日ソウルで開かれた寛勲(クァンフン)クラブ討論会で「世界遺産委で採択された決定文は国際社会に対する約束であり誠実に遵守する責任がある」と明らかにした。

尹長官はまた、強制労役の解釈問題に関して「英文のものが正本であり、英文に忠実ならば誤解がない」としながら「それがどのような意味であるかは火を見るより明らかなため、いかなる議論の余地もない」と伝えた。

尹長官は韓日関係に関して国交正常化50年などに言及しながら「最近になって関係改善のための雰囲気がそれなりにつくられてきている」と付け加えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP