주요 기사 바로가기

【コラム】私たちは自らの運命を守れるのか=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.08 11:48
0
中国・瀋陽から丹東まで果てなく続く223キロメートルをバスで走りながら作家金薫(キム・フン)は軍靴の足音を聞いた。目が血走った唐、モンゴル、後金、清と毛沢東軍が順に瀋陽から発進し丹東で川を渡り、義州路に沿って南に下ってきた。金薫は「外国の軍隊が退けば事大の長い隊列がその道に沿って瀋陽に行った」と書いた。無力な国が耐えてきた恥辱の歴史を誤差なく記録した。苛酷な文章だ。

各界の指導者31人の中朝国境地帯1400キロメートル平和オデッセイ最初の寄着地丹東は韓国の歴史では慟哭の地だ。1636年に始まった胡乱が終わった1637年に清軍の縄に縛られた朝鮮の百姓たちが新義州で鴨緑江を渡りまんじりともせず夜を明かしたところだ。50万人が瀋陽の市場で奴隷として売られた。どうにか帰ってきた女性は蛮夷に体を汚された還郷女として見捨てられ、生まれた子どもは「胡虜の子」と呼ばれ幽霊のように山河をさまよった。

私は夜景が美しい丹東で金薫が眺めた川の向こう側の漆黒のような新義州を凝視した。無能な王朝を恨む力すら残っていなかった捕虜を思い、私たちに流れる還郷女と胡虜の子の恨めしい血を実感した。そして現在の韓半島が置かれた恐ろしい運命に身震いした。

解放と分断がともに70年を迎えたが恥辱の歴史は相変わらずだ。おなじみの日常になってしまった分断をだれもが平然と受け入れている。自分の魂が引き裂かれているのにもがきもしない文明国があるだろうか。私は植民地奴隷36年が残した悪い病のせいだと考える。

韓国とロシア・中国は第2次世界大戦の悲劇を共通の歴史として記憶している。ロシアと中国は戦勝国だが韓国は他人の力で解放された。だからだろうか。ロシア(5月9日)に続き中国(9月3日)も終戦70周年を記念する戦勝記念日を国際行事として準備しているが韓国は見物人であるだけだ。いまの韓国政府は解放70周年を記念するための最初の会議を今年3月に開くほど無神経だ。6・15南北共同宣言15周年南北共同行事も失敗に終わった。韓国の運命の厳重さを客観的に分別し一緒に見て回るという意欲が見られない。

北朝鮮の存在を直接確認したベテラン外交官たちの所感は特別だった。申ガク秀(シン・ガクス)元駐日大使は「北朝鮮の地の目の前に来たのは外交官生活40年で初めてだが、だれよりも北をよく知らなければならない外交官として残念な現実だ」と告白した。李泰植(イ・テシク)元駐米大使、千英宇(チョン・ヨンウ)元青瓦台(チョンワデ、大統領府)外交安保首席秘書官の心境も大きく異ならなかった。申前大使は「新人外交官は中朝国境地帯を必須コースとして体験しなければならない」と話した。自分の人生の尊厳性が確保される唯一の拠り所である韓半島の運命を念頭に置かない強大国中心の思考では国籍不明の魂のない外交に閉じ込められかねない。
【コラム】私たちは自らの運命を守れるのか=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP