주요 기사 바로가기

<韓日世界遺産葛藤>日本政府「強制労働ではない」・・・対外説明を本格化

ⓒ 中央日報日本語版2015.07.07 14:41
0
日本政府は世界文化遺産登録が決まった「明治日本の産業革命遺産」に関連し、韓半島(朝鮮半島)出身の労働者が「強制労働」を意味したものではないとの対外説明を本格化させていると共同通信が6日報道した。

報道によれば日本政府は、他国との2国間協議や国際会議などの機会を活用して、韓半島出身者らの労働が「強制労働」にはあたらないという立場を明らかにする方針だ。

菅義偉官房長官はこの日の記者会見で「(徴用は)国際労働機関(ILO)の強制労働条約で禁じられている強制労働にはあたらない」とし「代表団の発言は強制労働を意味するものでは全くない」と明らかにした。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP