주요 기사 바로가기

元慰安婦、ワシントン日本大使館前で初めて「水曜集会」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.03 07:59
0
旧日本軍慰安婦被害者の金福童(キム・ボクドン)さん(89)が1日(現地時間)、ワシントンの在米日本大使館の前で開かれた「水曜集会」に参加した。日本政府の謝罪と賠償を要求する水曜集会が在米日本大使館の前で慰安婦被害者が参加して開かれるのは初めて。

金さんは「子供たちをだまして連れて行き、奴隷生活をさせながら、私は知らないといってはいけない」とし「私が死ぬ前に安倍政府が過去の日本が犯したことを完全に清算しなければいけない」と述べた。

集会参加者は「Justice(正義)」「Right now(今すぐ)」などと英語で叫び、日本政府が慰安婦強制募集を主導した責任を認めて謝罪することを要求した。ユン・ミヒャン韓国挺身隊問題対策協議会代表は「今回の水曜集会は、国際社会が慰安婦被害者の傷をともに解決しようという意思が込められた努力」と話した。

ワシントン挺身隊問題対策委員会のイ・ジョンシル会長は集会後、在米日本大使館に入り、抗議書簡を伝えた。日本大使館の関係者らはイ会長に対し、「慰安婦問題を決して軽く考えていない。日本首相と韓国大統領の間で対話が行われている」と述べた。

この日の水曜集会には現地平和運動団体「アンサーコーリション」と米女性運動団体「ガブリエラ」の関係者も参加した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    元慰安婦、ワシントン日本大使館前で初めて「水曜集会」

    2015.07.03 07:59
    뉴스 메뉴 보기
    1日(現地時間)、ワシントンの在米日本大使館の前で開かれた「水曜集会」の様子。
    TOP