주요 기사 바로가기

ハローキティにはまった大陸…テーマパークに中華料理店まで

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.02 16:49
0
中国にハローキティのテーマパークが正式にオープンした。1974年に日本のサンリオが開発したキャラクターのハローキティは現在、中国・台湾・韓国のほか、欧米など約130カ国で愛されている。

2日の英日刊紙デイリーメールによると、ハローキティのテーマパークは昨年11月に一部オープンしたが、好評を得られず、その後に電撃的にリニューアルした。「退屈だ」という顧客の不満に耳を傾け、1日に再オープンしたのだ。

浙江省安吉に位置するハローキティのテーマパークに新しい施設を設置するのに約370億円を投入した。ハローキティのテーマパークは中国中産層をターゲットに造成された。週末に子供と一緒に乗り物に乗ったりショッピングを楽しむ中国の顧客で施設は混雑する。香港にはハローキティ中華料理店まで登場した。ハローキティ饅頭もある。

日本の毎日新聞は2日、ハローキティのキャラクターを保有するサンリオが新規系列会社を通じてハローキティの映画を2019年に上映すると伝えた。映画プロジェクト費用は200億円-300億円になるとみられ、映画制作のために資金も調達する計画だ。6月に設立された系列会社サンリオメディア&ピクチャーズエンターテインメントを通じてだ。同社は資本金20万ドルで、アニメ映画とデジタルコンテンツを世界に普及させるという目標だ。

CNNによると、ハローキティのアクセサリーや文房具などキャラクター商品の売上高だけで80億ドルにのぼるという。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP