주요 기사 바로가기

リチウムイオンバッテリーで成果出す韓国企業、挽回狙う日本企業(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.07.02 14:43
0
LG化学は最近、ノルウェー造船会社アイデスヴィク(Eidesvik)のエコ海洋作業支援船(OVS)バイキングクイーン号のバッテリー供給企業に選ばれた。国内バッテリー企業のうち船舶用リチウムイオンバッテリーを納品するのは同社が初めてだ。バイキングクイーン号は6000トン級の大型船舶で、普段はLNGで運航し、低速運航と港内待機時にバッテリーを動力として動く計画だ。バッテリーで動く船が登場するということだ。低速区間ではバッテリーとモーターで駆動するハイブリッド車と似た「ハイブリッド船」だ。LG化学がアイデスヴィクに納品するバッテリーは650kWh(キロワット時)級で約100世帯が一日に使用可能な電力量。

◆電気自動車、1回のバッテリー充電で320キロ走行

LG化学側は「早ければ今月中にバッテリーを供給する。バッテリーを使用することで、バイキング号は燃料費を18%、環境汚染物質排出量を25%ほど減らすことができるだろう」と説明した。

リチウムイオンバッテリーが進化と革新を繰り返している。携帯電話・ノートブックのようなモバイルIT機器用小型電池市場、電気自動車などから今では大型船舶まで領域を広めている。リチウムイオンバッテリーは充電して再使用できる二次電池の代表走者。最も大きな長所はエネルギー密度が高く加工が容易だという点だ。このためリチウムイオンバッテリーは現在、世界二次電池市場の約80%を占めている。

LG化学の事例のように船舶はリチウムイオンバッテリー企業にとって新たに浮上する市場だ。燃費が石油のような化石燃料より優れているうえ、電気を動力源とするため公害物質の排出も少ないからだ。国際海事機関(IMO)は今年、すべての船舶の温室効果ガス排出量を10%削減させるに続き、今後5年ごとに10%以上ずつ炭素排出などを減らす計画だ。それだけバッテリー市場が大きくなるということだ。

無人航空機、いわるゆ「ドローン(Drone)」もバッテリー企業が注目する分野だ。2013年まで世界ドローン市場の90%が軍事用だったが、最近はドローンの活用範囲が物流など民間領域に拡大し、市場も急速に成長している。米国防衛産業コンサルティング会社ティルグループは2014年に5兆ウォン(約5500億円)台だった世界ドローン市場規模が2020年には12兆ウォン台に拡大すると予想した。

このためドローン専用バッテリーセル開発のための競争も激しくなっている。空を飛ぶドローンの特性上、軽くてエネルギー密度が高いセルを開発することが核心だ。業界の関係者は「企業ごとに隠してはいるが、多くのバッテリー企業がドローン担当チームを持つと見るべき」と伝えた。
リチウムイオンバッテリーで成果出す韓国企業、挽回狙う日本企業(2)

リチウムイオンバッテリーで成果出す韓国企業、挽回狙う日本企業(3)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    リチウムイオンバッテリーで成果出す韓国企業、挽回狙う日本企業(1)

    2015.07.02 14:43
    뉴스 메뉴 보기
    LG化学の船舶用リチウムイオンバッテリーを搭載するノルウェーの海洋作業支援船バイキングクイーン号。バイキングクイーン号は普段はLNGで運航し、低速運航時と港内待機中はバッテリーを動力に動く。
    TOP