주요 기사 바로가기

<MERS>サムスン副会長「惨憺とした心情…ワクチン・治療剤の開発積極支援」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.24 10:50
0
23日午前11時、ソウル・瑞草洞(ソチョドン)のサムスン社屋5階多目的ホール。紺色のスーツに両手を握りしめて記者会見場に入った李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の表情はこわばっていた。壇上に立った李副会長は、「私自身が惨憺とした心情です。責任を痛感しています」として国民向け謝罪文を3分間にわたり朗読した。「医療スタッフに激励と声援をお願いします」と述べるとしばし涙声で話す姿を見せたりもした。彼は発表をしながら2回も演壇から降り頭を下げた。

李副会長が中東呼吸器症候群(MERS)と関連したサムスンソウル病院の未熟な対応に対し正式に謝罪した。彼が記者会見を行い立場表明をしたのは1991年にサムスン電子に入社して以来今回が初めてだ。彼の公式記者会見“デビュー”の舞台が謝罪の席になったわけだ。偶然にもこの日は李副会長の47回目の誕生日でもあった。

李副会長が電撃的に謝罪に出たのは、サムスンソウル病院がMERS流行の震源地として国民的批判が大きくなっているためだ。先月サムスンソウル病院の運営主体であるサムスン生命公益財団理事長に選任された李副会長は公式的にも病院運営で最高のポストを務めている。サムスンソウル病院に対する信頼度が打撃を受けサムスングループ全体のイメージにも悪影響を及ぼしているという点を考慮したと分析される。

今回の記者会見は李副会長が自ら要望して実現した。サムスングループ関係者は、「先週予定された海外出張を取り消して病院を訪れるなど本人が直接出るという意志を明らかにし続けてきた。ただMERSが落ち着くまで謝罪時期を先送りしたもの」と話した。続き「誠意を見せるため先週末に本人が直接発表文をまとめた」と付け加えた。

財界では系列会社の過誤であってもグループオーナー一家が直接責任を負うという考えを明確にしたものと受け止めている。李副会長が「患者の方々はわれわれが最後まで責任を持ち治療する」「今後も感染を防ぐためにワクチンと治療剤の開発も積極支援する」と強調したのもそうした意味からだ。ホテル新羅の李富真(イ・ブジン)社長も済州(チェジュ)新羅ホテルにMERS患者が投宿した事実が明らかになると18日からホテルに滞在して直接防疫作業を陣頭指揮している。

サムスンソウル病院は事態収拾後に刷新委員会を設け全面的なシステム改善を進めることにした。救急室を診療空間と分離する形でシステムを改善し、陰圧病室を拡充するなど診療環境を改善する。各種感染疾患に対するワクチンや治療剤の開発も進める。このためマラリアやエイズ治療を支援しているゲイツ財団のようにワクチン・治療剤技術でリードするグローバル医療機関を支援し協力を強化する。韓国国内の感染疾患治療研究も支援する。開発には天文学的な金額が必要で経済性も落ちるが、社会に貢献する姿を見せ、世界の公共保険に寄与するという趣旨だ。

一方、サムスンソウル病院のソン・ジェフン院長は、「初期隔離や露出患者管理が不十分だった」として初期対応の失敗を認めた。彼は「MERSの完全終息には時間がかかるが追加のスーパースプレッダーがいないならMERSは散発的発生にとどまるというのが支配的な意見」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <MERS>サムスン副会長「惨憺とした心情…ワクチン・治療剤の開発積極支援」

    2015.06.24 10:50
    뉴스 메뉴 보기
    サムスン電子の李在鎔副会長が23日午前、サムスン電子瑞草社屋でサムスンソウル病院がMERS拡散の最大の震源地になったことと関連し記者会見を行った。李副会長は「MERS拡散を防ぐことができず国民のみなさまにとても大きな苦痛を与えた」として謝罪し、「患者の方々はわれわれが最後まで責任を持って治療する。関係当局とも緊密に協力しMERS事態が早期に完全に解決されるよう力を尽くしたい」と話した。
    TOP