주요 기사 바로가기

【社説】MERS1カ月、わが共同体のDNAを信じる=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.20 14:27
0
全羅北道淳昌郡(スンチャングン)チャンドク村の隔離措置が19日0時に解除された。中東呼吸器症候群(MERS)震源地の平沢(ピョンテク)聖母病院に入院していた高齢女性が戻ってきたことで、この村の51世帯・102人は14日間、鉄窓のない監獄の孤立生活を送らなければならなかった。この女性は12日に亡くなったが、幸い、村に新規感染者は発生しなかった。初期に速かに村全体を隔離したうえ、住民が村の外に一歩も出ないなど自発的に協力したからだ。自分よりも隣人、そして共同体を先に考えるDNAがMERSを防いだのだ。チャンドク村の住民がトックリイチゴ・クワ・ウメの収穫時期を迎えて心配すると、地域のボランティアメンバーが助けた。この村は最近、政界の関係者が先を競って訪れる最高の防疫模範事例に挙げられる。

しかし淳昌郡の経済はMERSのためほとんどストップした状態だ。ブルーベリーなど地域特産物の販売が急減した。農産物はMERSといかなる関係もないが、消費者にMERSの烙印を押されたからだ。ある村の住民は「淳昌は清浄農産物で有名だったが、今後、都市の人々はどう思うか分からない」と心配した。湖南(ホナム、全羅道)の金剛山(クムガンサン)と呼ばれる剛泉山(カンソンサン)の観光客も76%減少したという。このため周辺の飲食店と宿泊業者は開店休業状態だ。迅速な初期防疫を主導したファン・スクチュ淳昌郡守も頭を悩ませている。ファン郡守は「農産物はMERSとはいかなる関係もないので、安心して淳昌農産物を購入してほしい」と訴えている。

20日にMERSの最初の患者が確認されてから1カ月経過した。我々は今、呼吸を整え、MERS事態の進行過程を振り返り、これを克服する方法を模索する時期だ。19日午前現在、サムスンソウル病院の感染者は2日連続で一人も出なかった。新規感染者も1人に減った。隔離者も5930人と、前日に比べて799人減った。幸いだ。

速断はできないが、落ち着きつつあるようだ。最後まで4次感染をうまく防げば、MERS恐怖も弱まっていくだろうという安堵が出ている。初期に右往左往していた当局も地方自治体と協力し、速かに隔離対象者を決め、検査-判断-治療を進めている。世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長は昨日、「我々の希望より時間は長くかかるかもしれないが、韓国のMERSは終息するだろう」と述べた。チャン事務局長は「初期に運が悪かったが、その後の対応措置は迅速かつ体系的に行われた」と評価した。WHOは韓国のMERS発病に関し、国際的な公衆保険非常事態に該当せず、韓国に対する旅行・貿易禁止も勧告しないと明らかにした。最高の権威を持つ国際保険機関の判断だ。

我々の次の課題はMERSによって過度に委縮して低迷した社会の雰囲気を変えることだ。一方ではMERSの追加拡散を防ぎ、もう一方では韓国社会を正常に戻す努力をする必要がある。MERS事態が1カ月続き、すでに韓国経済は大きな打撃を受けた状態だ。デパート・化粧品・旅行関連会社の時価総額は1カ月間に6兆ウォン(約6600億円)も減った。

MERS事態が長期化すれば、韓国社会に及ぼす心理的な影響が昨年のセウォル号事態より大きくなる可能性がある。モルガン・スタンレーはMERSが1カ月以内に落ち着けば国内総生産(GDP)成長率が0.15ポイントの下落にとどまるが、3カ月続けば0.8ポイント下落するという見方を示した。そうでなくても低成長が懸念される中、MERSショックまで長期化すれば、韓国経済は泥沼に落ちるかもしれない。

韓国は世界金融危機と新型インフルエンザが襲った2009年の複合的危機を、他国より早く克服した経験を持つ。今回もMERS危機克服に力になろうとするボランティアの波が生じている。国際通貨基金(IMF)通貨危機当時の「金集め」のように、韓国社会はいかなる危難も賢く克服するDNAと共同体精神を持っている。

残された課題は、政府がリーダーシップを回復し、危機の打開にすべての行政力を集中することだ。与野党もお互い非難するより、MERS克服代案を提示し、国民の心をつかめなければいけない。MERSよりも怖いのはこれによる不信と分裂だ。我々みんなが不信・利己主義・分裂から抜け出し、信頼・市民意識・団結で一つになり、MERSとの最後の一戦を準備しなければならない時だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP