주요 기사 바로가기

韓国新首相「韓日関係、歴史観ギャップの解決が最も急務」

ⓒ 中央日報日本語版2015.06.19 17:55
0
韓国の黄教安(ファン・ギョアン)首相は19日、韓日関係に関連して「歴史問題については日本と韓国の国民の間に大きなギャップ(差)がある。その問題を解決していくことが急務だ」と明らかにした。

黄氏は同日、国会外交・統一・安保分野の対政府質問で「韓日間で解決しなければならない懸案のうち、最も急がれるものは何か」という質問に対しこのように述べた。

黄氏は「他の北朝鮮核問題や文化・経済的な交流については、両国が最善を尽くして助け合うべきだと考えていると理解している。これに対して、賢明にしっかりと対処していかなければならない」と明らかにした。

黄氏は「日本で韓国国民にとって具合の良くない話をする部分が多くある」とし「韓日間の外交当局レベルで正常化のための努力をしているが、そのような部分は全て待ったなしの問題で、国民の関心事だと考える」と説明した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP