주요 기사 바로가기

サムスン電子、中国西安半導体工場の生産量50%増へ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.19 18:26
0
サムスン電子が3次元(3D)NAND型フラッシュメモリーを生産する中国西安工場の生産量を増やす。現在、毎月ウェハー(半導体の原材料のシリコン基板)4万-5万枚ほど生産しているが、今年中に6万-7万枚レベルに増設する計画だ。データ保存用サーバーに使われるソリッドステートドライブ(SSD)などを中心に速いペースで増えている3D NANDの需要に対応するためだ。

業界とサムスン電子によると、サムスンは西安工場の生産量を増やすために関連装備を発注している。サムスン事情に詳しい関係者は「月間ウェハー生産量を年末までに現在より2万枚ほど増やすだろう」とし「新しいラインを作るのではなく、1ラインの生産量を増やす形式」と説明した。当初、1つのラインが最大月10万枚のウェハーを生産する規模で構築された。

3D NANDは平面NANDを上に積んだものだ。平面NANDの微細化が極限レベルに達すると、積層する方法で容量を増やした。3D NANDは平面製品に比べて保存速度が速く寿命が長いが、消費電力はむしろ少ない。サムスンは昨年5月から唯一、3D NANDを量産し、第2世代の32層製品も生産している。ライバル企業の東芝、マイクロン、SKハイニックスは今年下半期から3D NANDの量産を開始する計画だ。

サムスンが3D NANDの生産量を増やし、ライバル企業も相次いで生産に入るのは、それだけ市場が急速に拡大しているからだ。NANDは普通SSDという保存装置に作られ、パソコンやサーバーなどに搭載される。3D NAND基盤のSSD市場規模は今年の15万台から2019年には9340万台へと60倍以上に拡大する見込みだ(市場調査会社IHS推定)。

業界関係者は「ビッグデータ時代が開かれるほど大量のデータを少ない電気使用で速く保存しなければいけない」とし「3D NAND市場はますます拡大していくだろう」と説明した。

サムスンは西安工場を3D NAND生産核心工場に育成する計画だ。昨年初めて3D NANDの量産を始め、今年4月からは半導体を点検して包装する後工程ラインを稼働し始めた。

今後も生産量を増やすという。西安工場は工場全体敷地34万坪のうち7万坪しか使用していない。ここで計3ライン、月ウェハー生産量30万枚まで増設が可能というのが業界の説明だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP