주요 기사 바로가기

韓国車の品質は最高レベル、日本車が停滞する間に逆転

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.18 14:48
0
米マーケティング情報会社J.D.パワーが17日(現地時間)に発表した自動車初期品質調査(IQS=Initial Quality Study)によると、韓国車は100台あたり90件の不満(90 PP100)が提起され、他国に比べて優秀だった。この調査は新車を購入してから90日過ぎた消費者8万4000人を対象に各種の不満を書き込む方式で行われた。韓国自動車は昨年の調査では100台あたり101件の不満が提起された。

今年の調査で欧州車は113 PP100となり、初めて日本(114)より良い結果が出た。J.D.パワーの自動車品質担当副会長「今回の結果は品質地形の変化を見せている」とし「長期にわたり黄金基準(Gold Standard)と見なされてきた日本車の品質向上ペースが遅い間、他の国、特に韓国車の品質が急速に向上した」と評価した。企業別に見ると、ポルシェ(80)が1位、起亜(86)が2位で、ジャガー(93)、現代(95)、インフィニティ(97)が後に続いた。

車種別に見ると、小型車部門では現代アクセントが最も高い評価を受けた。小型SUVと中型SUVでも韓国ブランドの現代ツーソンと起亜ソレントがそれぞれ最高評価を受けた。このほか、準中型級は日産セントラ、中型級はシボレーマリブ、中型プレミアム級はBMW5シリーズ、フルサイズ級はクライスラー300がそれぞれ最高評価を受けた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国車の品質は最高レベル、日本車が停滞する間に逆転

    2015.06.18 14:48
    뉴스 메뉴 보기
    現代アクセント
    TOP