주요 기사 바로가기

MERSの悪材で韓国の今年の成長率2.8%の予想

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.18 08:58
0
韓国金融研究院が今年の経済成長率を2.8%と予想した。主要機関が2%台の成長率を公式化したのは今回が初めてだ。韓国経済の支えだった輸出の増加傾向が明確に弱まっているのに対し、内需回復傾向は依然として微弱で、ここに中東呼吸器症候群(MERS)という悪材まで加わったためという説明だ。

金融研究院は17日、経済見通し修正発表を通じ今年の国内総生産(GDP)増加率が2.8%にとどまると明らかにした。昨年10月に出した3.7%より0.9ポイント引き下げたもの。2%台の成長率が現実化する場合、2013年の2.9%から2014年の3.3%と回復傾向を見せていた韓国経済は1年で再び鈍化することになる。

成長率を引き下げる最大の原因は輸出不振だ。研究院は今年の輸出増加率は2.3%にとどまると予想した。2013年の4.3%、昨年の2.8%に続き鈍化傾向がさらに明確になるだろうという話だ。特に円安の影響力は時間が経つほど大きくなると予想した。

また別の成長軸である内需も期待に満たないだろうと説明した。民間消費増加率は昨年の1.8%から今年は2.0%とわずかな改善にとどまる見通しだ。輸出不振に設備投資増加率は昨年の5.8%から今年は4.4%に鈍化するだろうと予測した。

MERS拡散は家計消費を萎縮させ外国人観光客も減らし今年の成長率を約0.1ポイント落とすと予測された。だが、これもMERSが地域感染に拡大せず、最初の発病から1カ月で終息するという前提だ。研究院は「MERSが拡大する場合、韓国銀行の追加金利引き下げなど積極的な政策対応が伴わなければならない」と強調した。

野村証券もこの日MERSの影響で韓国の今年のGDP増加率が予想より0.3ポイント低い2.2%にとどまると予想した。30万人と推定される外国人観光客減少が0.1ポイント、家計消費不振が0.2ポイントそれぞれ引き下げると予想した。

一方、韓国銀行の李柱烈(イ・ジュヨル)総裁はこの日、国会企画財政委員会に出席し「MERSが消費に影響を与えるのは明らかと見られ、景気の下方リスクが大きくなったのは事実」と話した。これを受け韓国銀行も4月に1回引き下げた成長見通し3.1%を来月には2%台に再び下方修正する可能性が高くなったとみられる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP