주요 기사 바로가기

【社説】「韓国の医療文化が問題」というWHOの指摘を痛感

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.15 10:17
0
ある患者がさまざまな病院を渡り歩く医療ショッピング、入院患者を家族が看病する慣行、お見舞い習慣、さまざまな患者が入り乱れる多人数病室の運営などは韓国特有の医療形態だ。こうした医療文化が中東呼吸器症候群(MERS)拡散の主な要因として挙げられた。世界保健機関(WHO)と韓国専門家で構成された合同評価団が13日に指摘した内容だ。

事実、指摘された内容の大部分はすでにかなり以前から国内医療界で医療制度の問題点と指摘されてきた。このうち患者がより大きな病院に移る医療ショッピングは、韓国医療の慢性的な問題の1つだ。すでに首都圏の大型病院の応急室は、大きな病院に入院を望む患者の控室へと変わって久しい。専門家たちは過度に低い医療点数が医療機関の敷居を非正常的に下げ、こうした現象が広がっていると主張する。

このように歪曲された医療伝達体系が、今回は感染病拡散の起爆剤役にもなりうることが明らかになった。政府はこれを機に全国の患者が首都圏の大型病院応急室に集まる医療消費の歪曲した形態を防ぐための医療伝達体系の大々的な整備に出なければならない。これは応急室の感染症の対処能力を育てて患者の安全を守るために必要だ。

患者が入院する際、親族・友人が同行したり見舞ったりすることは2次感染拡散の主要因に挙げられた。日常的な見舞いは今からでも病院レベルで統制できる。医療界はシステム改善で院内感染の拡散を防ぐという意志を見せるべきだ。患者の保護者や関係者たちは儀礼的なお見舞いを慎み、医療機関は保護者の同行を要求する慣行から再考しなければならない。政府はこれを制度化してお見舞いが患者と保護者を感染させる機会にならないよう基本的に防がなければならない。

多人数の病室や家族看病の廃止は、韓国の医療文化をグローバル水準に合わせるために乗り越えなければならない山だ。今や病院はこうしたシステムを改善して医療消費者は費用を負担する社会的議論が始まらなければならない。政府と医療界は、韓国の医療安全水準を高めるために病院と入院システムの根源的な手入れを始めなければならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP