주요 기사 바로가기

駐韓米大使「オバマも歴訪延期したことある」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.12 09:22
0
米国国務省は10日(現地時間)、MERSのために朴槿恵(パク・クネ)大統領の米国訪問が延期になったことについて適切な時期に訪米が実現することを希望すると明らかにした。

国務省のジェフ・ラスキ報道部長は定例記者会見で「日程が再調整されて訪米が実現することを明確に期待している」と話した。ラスキ報道部長は「朴大統領の訪米は、領域内の安定と安保に必須の役割をする韓米同盟を議論する機会」としてこのように明らかにした。それと共に「ジョン・ケリー国務長官が最近訪韓した際に北朝鮮を含めた領域内の懸案に関連した両国同盟と国際懸案で増大している韓国の役割に焦点を合わせて議論した」と付け加えた。エド・ロイス米下院外交委員長はこの日ウッドロー・ウィルソンセンターで開かれた「現代(ヒョンデ)車-KF韓国歴史・公共政策研究センター」の発足式で「私たちは訪米がなぜ延期になったのか理解している」と話した。

マーク・リッパート駐韓米大使も11日放送されたMBCラジオ『シン・ドンホの視線集中』とのインタビューで「(朴大統領の)訪問延期の決定を十分に理解している(very understanding)」と話した。リッパート大使は、訪米延期が韓米関係に及ぼす影響を尋ねると「韓米関係と同盟は堅く、未来にもずっとそうだ」とも答えた。特にオバマ米大統領が2013年連邦政府シャットダウン(部分業務閉鎖)事態でアジア歴訪日程を延期したことまで言及して「当時オバマ大統領も再び日程を決めて成果を上げた」と話した。

朴大統領の米国訪問が延期になるだろうという事実をいつ頃知ったのかと尋ねると彼は「公式発表前に青瓦台(チョンワデ、大統領府)・外交部高位関係者らと緊密に協議したので予想できなかったことではなかった。状況を鋭意注視していた」と説明した。また「米国大統領は今後互いに都合のいい時期にホワイトハウスで朴大統領に会って重要事項を議論することを待ち望んでいる」と話した。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    駐韓米大使「オバマも歴訪延期したことある」

    2015.06.12 09:22
    뉴스 메뉴 보기
    マーク・リッパート駐韓米大使
    TOP