주요 기사 바로가기

シスコ会長「韓国、万物がつながるIoE時代を主導する」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.11 14:18
0
「万物のインターネット(IoE)というのは、センサーを通じて人やプロセス(工程や経路)、データ、モノなどを連結するのです。10年後には5000億個の事物が1つのネットワークでまとまめられるでしょう。IoEは医療サービスなど多様な分野で命の様式を完全に変えるでしょう」

シスコシステムズ最高経営責任者(CEO)であるジョン・チェンバーズ会長は9日(現地時間)、米国サンディエゴで開かれた「シスコライブ2015」で「連結性(connectivity)の未来」に対する記者の質問にこのように答えた。彼は「IoEは単純なモノ同士のつながりではなく、センサーを通じて収集された情報をクラウディングコンピューティングや人工知能などで分析し、新しい価値を創り出す『知能的なつながり』」としながら「好きな場所で各種端末を通じて企業や個人がアプリケーション(アプリ、運用プログラム)を活用できるネットワークとインフラが構築されること」と強調した。

◆「韓国、モノデジタル化導く」

チェンバーズ会長は「韓国は“つながり”がうまくいった国家で(モノの)デジタル化を導ける国家の1つ」として「朴槿恵(パク・クネ)大統領がエンジニアリングに理解があってデジタル化に意志があることも多いに役立つだろう」と話した。彼は昨年ダボスフォーラムで朴大統領と会ってIoE分野での協力案を議論もした。来月26日に退任を控えたチェンバーズ会長の後任者チャック・ロビンス首席副社長は「主な顧客、国家首脳との関係でジョン(チェンバーズ会長)は今後、理事会議長で諮問として戦略的な役割を続けていく」としながら「さまざまな国家と都市のデジタル化を積極支援する活動も期待する」と話した。

◆IoEにオールインするシスコ

ロビンス首席副社長は「現在のシスコのビジネス戦略は成功的」としながら「特に企業用ソリューション市場と公共部門事業の領域が二桁成長を重ねている」と話した。彼はまた「未来のビジネスチャンスを全て手にすることはできないので、優先順位が重要だ」として「今後3~5年間で革新を加速化させるだろう」と付け加えた。

シスコはIoE事業に集中する中長期の青写真も出した。IoEがスポーツ、エンターテインメント、流通、医療、ホテル、教育、交通などすべての産業分野に適用されるだけに関連ソリューションに集中するという戦略だ。シスコのモノインターネット(IoT)事業を総括するロブ・ソダベリー首席副社長は「デジタルとしての転換が変化の核心」としながら「技術自体も重要だが、技術適用がさらに重要だ」と話した。IoTとIoEを実現するのにネットワークよりもソフトウェアがさらに重要になるということだ。

サムスン電子との協力強化の意志も示した。ソダベリー首席副社長は「デバイス(端末)分野で2つの企業の関係は強固だ」として「今後も相互技術協力を持続させる」と話した。サムスン電子はシスコのネットワーク装備に使われるメモリー半導体を供給している。

■万物のインターネット(IoE)

Internet of Everything。人やモノ、データ、プロセスなど全てのものを知能的につなげて新しい価値を創り出す技術。モノとモノをつなぐモノインターネット(IoT)よりも拡張された概念だ。万物のインターネット時代には、例えば無人自動車がほかの自動車や家、道路、駐車場、街灯と互いに情報をやりとりすることになる。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    シスコ会長「韓国、万物がつながるIoE時代を主導する」

    2015.06.11 14:18
    뉴스 메뉴 보기
    シスコシステムズのジョン・チェンバーズ会長が9日(現地時間)、米国サンディエゴで開かれた「シスコライブ2015」で記者会見を行って質問に答えている。(写真=シスコシステムズ提供)
    TOP