주요 기사 바로가기

韓国外交部長官、世界遺産委議長国ドイツを訪問

ⓒ 中央日報日本語版2015.06.11 12:44
0
韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官が世界遺産委員会議長国のドイツと委員国のクロアチアを相次いで訪問する。

韓国「聯合ニュース」によると、尹長官は12日にドイツ・ベルリンで世界遺産委員会議長国を務めているフランク・ワルター・シュタインマイヤー外相と昼食会を持ち、日本の強制労働の歴史的事実を反映するために日本の誠実な努力が必要だという韓国の立場をドイツ側に伝えるものと見られる。

また、最近、具体的な交渉段階に入った韓日2国間協議の状況について説明し、議長国としてドイツの合理的な役割も求めていくことが予想されると同メディアは伝えた。

その後、尹長官は世界遺産委員会21カ国のうちのひとつであるクロアチアに移動し、13日に同国外相と会談を行うことが伝えられた。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP