주요 기사 바로가기

【コラム】安心できる国家、信頼できる国民=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.05 13:22
0
MERS(中東呼吸器症候群)の波紋は収拾がつかない。韓国内だけでは終わらない。外国人観光客が相次いで予約を取り消している。化粧品・食料品・運送・流通・レジャーの株価も一緒に落ち込んだ。病気の問題では終わらないということだ。一種の災難だ。そうでなくても不安定な景気が再び踏みつけられるのではないかと心配だ。

災難はささいな失敗をきっかけに襲ってきた。だから余計に残念だ。1次検診を行った医師の診断は正確だった。すぐに追跡して遮断したら簡単に終わらせることができたのではないだろうか。ところが防ぐことができなかった。いくら譲歩して考えても未熟な防疫当局の官僚的惰性を恨まざるをえない。しまったと思った時には、管理対象は抑えきれないほど増えていた。

さらに恥ずかしいのは市民の態度だ。1次感染者は行った場所を隠した。隔離対象者は協力せずにこっそり海外に出て行った。また他の隔離対象者は香港のデパートを引っ掻き回した。政府の不十分な管理能力、他の人を配慮しない利己的行動が韓国人の本性のようにふるまった。

ソウル・江南(カンナム)のある隔離対象者は地方のゴルフ場に行った。隔離は本人だけのためではない。その人が会うかもしれない多くの人の安全のためだ。共にゴルフをした友人のためだ。無責任な行動で、どこでも隔離対象者に会う可能性があるという不安感を国民の間に広めた。パニックの開始だ。

実にささいなことだ。しかし基本だ。端折っても、無視してもならないことだ。それなのに‘適当に’やってきたのが韓国自身の普段の姿ではないのかと反省させられる。運命のように置かれた韓半島(朝鮮半島)で私たちは何も持たない。頼れるのは人だけだ。だから「安心できる国、信頼できる人々」という評価は自尊心ではなく生存の問題だ。

先日、鄭夢準(チョン・モンジュン)元議員が米スタンフォード大学での講演で「韓国は日本と中国がとても近く、米国とはとても遠く離れているのが問題」と話した。あまり類例のないことに、韓国は超強大国の間に挟まれている。それが韓国の運命だ。軍事・安保問題だけではない。経済的にも日本と中国はスーパーパワーだ。その間で韓国は、ややもすると立つ場所を失う可能性がある。韓国の地政学的位置や災難は運命に属する。だが、それを克服するのは人間の知恵と努力だ。脅威の後ろにはチャンスも隠れている。

昨年、韓国と中国の交易量は2350億ドル(約29兆2539億7500万円)だ。米国(1150億ドル)と日本(860億ドル)を合わせたよりも多い。昨年、韓国を訪問した中国人観光客も600万人だ。訪韓外国人観光客総数の半分(48.5%)に達する。彼らが使って行ったお金は14兆ウォン(約1兆5652億円)。立派な市場だ。
【コラム】安心できる国家、信頼できる国民=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP