주요 기사 바로가기

WHO、MERSの調査のためにまもなく訪韓

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.05 09:32
0
世界保健機関(WHO)が韓国における中東呼吸器症候群(MERS)の状況を調査して情報を集めるためにまもなく訪韓する。

WHOのケイジ・フクダ事務局長補とスイス・ジュネーブの韓国大使館キム・ガンリプ公使は4日、「韓国MERS合同評価団(Joint Mission)を構成することを決めた」と述べた。キム公使は「WHOは、韓国が中東以外の地域でMERSが広がった初めてのケースなので大きな関心を示している」とし「MERSがまだ科学的に十分に明らかになっておらず伝播経路も立証されていないので、韓国の状況を興味深く見ている」とした。

WHOがこのような要請をした根拠は国際保健規則(IHR)にある。この規則には感染病が発生した場合、共同で対応しなければならず、これに関連した手続きが明記されている。感染病を評価して関連情報を共有するのがねらいだ。WHOは近い将来、評価団を構成する予定だ。この評価団にはWHO本部、韓国を担当するWHO)西太平洋地域本部(フィリピン所在)の感染病担当者、加盟国の専門家らが含まれる予定だ。彼らと共同調査を行う韓国側の評価団も構成される。WHOはサウジアラビアのMERSも評価したことがある。

キム公使は「短時間にMERS確定診断患者が30人を越えたことが例外的な状況だと見て、訪韓して多角的な調査と評価を行うものとみられる」と述べた。フクダ事務局長補は、同日、「韓国政府がしっかり対処している。休校は過剰対策だ」と評価したという。

フクダ事務局長補は日系米国人で、WHOで事務総長-事務局長の下に配されている7人の事務局長補のうちの1人だ。2003年に米疾病対策センター(CDC)に勤めていた際に中国SARS(重症急性呼吸器症候群)の現場に派遣されたことのある、世界的な感染病専門家だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP