주요 기사 바로가기

韓国サッカー協会名誉会長、FIFA会長選挙出馬の可能性を示唆

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.04 09:57
0
鄭夢準(チョン・モンジュン)国際サッカー連盟(FIFA)名誉副会長(64)が、ゼップ・ブラッター会長の辞任で空席となるFIFA会長職に挑戦する可能性を示唆した。

鄭名誉副会長は3日、中央日報の単独インタビューで、「FIFA会長に挑戦する意思はあるか」という質問に対し、「私が参加して役に立つのなら(出馬を)考える」とし「出馬するかどうかについては、FIFAの関係者と会って相談する。適切な時期に欧州に行き、欧州を含む各大陸の人たちと会った後、最終決定を出したい」と述べた。

ブラッター会長が5度目の当選に挑戦すると、鄭会長は選挙の直前、「ブラッター会長は各種不正で汚れた人物。直ちに退くべきだ」と声を高めた。ブラッター会長が3日に辞意を表明すると、「今回の事件をきっかけにFIFAを改革しなければいけない」とし「必要ならば私も助ける」と述べた。

 
鄭名誉副会長はブラッター会長の辞任について「事必帰正(すべての過ちは必ず正しい道理に帰する)」と力説した。「ブラッター会長は退くと発表したが、その間FIFAがまともに改革できなかったのを執行委員会のせいにした」とし「ブラッター会長は記者会見で『私はもう会長選挙に出ないので、これからは思う存分改革をする』と話したが、現在のFIFAの状況と比べて考えれば矛盾する発言だ。今後もずっとFIFAで影響力を維持するという意図として聞こえ、自分が望む人を後継者にするという意味でもあるようだ」と診断した。今後ブラッター会長が退いても、ジェローム・ヴァルケFIFA事務局長など側近を新会長として垂簾聴政をする可能性を懸念したと分析される。

鄭名誉副会長は「FIFAとブラッター会長が米国やスイスなどいくつかの国で調査を受けていて、今後も調査は続くだろう」とし「誰が処罰を受けるべきかという問題はさらに調査をしてこそ分かるだろうが、FIFAは体育団体なのにこうした不名誉な話が出ること自体が問題だ。関連責任者は自ら退くのが正しい」と述べた。続いて「FIFAの根本的な問題は、執行委員会がほとんど会長と近い人たちで構成されたということ」とし「もう独立的な意見を持つ人たちが出てくる時になった」と強調した。

FIFA加盟209カ国が同じように一票ずつ行使して会長を選ぶ選挙システムについては「お金が多く力があっても、結局はみんなが一票ずつだ。こうした脈絡のためワールドカップ(W杯)という大会も人気がある」と評価した鄭名誉副会長は「会長や事務局長が一度任命されればあまりにも長く続ける慣行は正すべきだ。任期制限などの追加措置を考える必要がある」と提案した。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国サッカー協会名誉会長、FIFA会長選挙出馬の可能性を示唆

    2015.06.04 09:57
    뉴스 메뉴 보기
    鄭夢準(チョン・モンジュン)大韓サッカー協会名誉会長
    TOP