주요 기사 바로가기

【社説】政界、いい加減争いを止めてMERS対策を立てろ=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.03 13:16
0
全国が「中東呼吸器症候群(MERS)恐怖」に包まれているのに、政界ではまるでほかの国の話に聞こえるようだ。昨日、執権勢力という青瓦台(チョンワデ、大統領府)とセヌリ党、第一野党という新政治民主連合が見せた有り様は、国民の不安と苦衷は眼中にない無責任と恥知らずの極限状態だった。防疫体系の総体的問題と政府の初動対応の失敗でMERS感染死亡者が2人に増え、確定患者が増えるなど事態は手のほどこしようもない状況になっている。この渦中で「MERS怪談」が飛び交いながら、国民が気をもむ不安な日々が続いている。

事情がこれほど深刻なのに、青瓦台と政界は状況を落ち着かせる対策準備に出るどころか国会法改正案の議論で触発された身内争いとヘゲモニー争いだけに没頭している。こういう情けない集団に国家の運命を任せた国民の身の上が、みじめに感じられるほどだ。

さらに残念なのは青瓦台とセヌリ党が見せている姿だ。行政府の「行政立法」である施行令に対して国会が修正を要求できるようにする内容の国会法改正案に対し、朴槿恵(パク・クネ)大統領が拒否権行使を示唆したのに続き、昨日は対野党交渉の指令塔である劉承ミン(ユ・スンミン)院内代表の「辞任論」まで出てきた。チェ・ジョンブ法制処長は親朴系議員が主催した討論会に出てきて、違憲の素地があるという主張を公開的に展開した。親朴系議員は公然と「半身不随の国会に続き植物(状態の)政権を招いた劉院内代表は責任をとって辞任すべきだ」〔李荘雨(イ・ジャンウ)議員〕や、「劉院内代表が拙速合意した部分について責任を負う姿勢が必要だ」〔金泰欽(キム・テフム)議員〕と言って劉院内代表を圧迫した。青瓦台も「こうした状況で党政協議に何の意味があるか」としてセヌリ党指導部を認めようとしない発言をして党政間の緊張程度を引き上げた。党政間にも異見があることはある。だが公開的に指導部を攻撃して青瓦台がこれを黙認するような姿を見せるのは望ましくないだけでなく、国民に対する礼儀でもない。よっぽどでなければ来年の総選挙のヘゲモニーを狙った親朴-非朴間の争奪戦という解釈まで出てくるだろうか。

野党も無責任であるのは同じだ。4・29再補欠選挙の敗北に対する評価を兼ねて開かれた1泊2日のワークショップは、政府・与党への攻撃的な非難だけがあふれただけで、今国民が苦しんでいるMERS問題に対する密度のある議論や対策は出てこなかった。「朴槿恵大統領は国会がすることを妨害しながら政治的対立を育てるのに関心を見せ、MERS問題に対しては全く関心を傾けなかった」〔文在寅(ムン・ジェイン)代表〕として全責任を政府に押しつけた。

経緯がどうであれ国会法改正案議論がふくらんだ以上、青瓦台と国会は法が定めた手続きと規定によって冷静にこの問題を議論するのが当然の道理だ。しかも国家非常事態をほうふつとさせるほどのMERS事態が緊急懸案に浮上しているだけに、国会法改正案議論は関知せずにMERS対策準備に知恵と力を集めることを望む。政界が国民の苦痛に背を向けた動きを続けるならば、最後には国民から背を向けられる「離れ島」の境遇を免れないだろう。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP