주요 기사 바로가기

【取材日記】SARSに立ち向かった香港の市民意識=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.03 11:38
0
韓国の中東呼吸器症候群(MERS)対処方法を問い質す前に時計を2009年5月の香港に戻してみよう。当時新型インフルエンザ(A/H1N1)が拡散し、香港は防疫戦争をしていた。その時市内のメトロパークホテルに泊まっていたメキシコ人1人が病院で新型インフルエンザ感染の判定を受けた。その瞬間、医師は香港衛生署に電話をかけた。救急車が病院に駆けつけ彼を隔離するまで30分かからなかった。また、彼が泊まったホテルに医療スタッフと警察が押しかけ封鎖するのもわずか1時間で行われた。ホテル宿泊客300人余りは新型インフルエンザウイルスの潜伏期間である1週間にわたりホテルで缶詰生活をしなければならなかった。ある韓国人事業家が「1億ドルの契約をしなくてはならない。医療スタッフと一緒でいいので出してほしい」と訴えたが受け入れられなかった。

香港衛生当局には悩みの種がひとつあった。ホテル封鎖当時、市内にいた外国人全員が自主的に復帰したが韓国人3人だけがこれを拒否した。結局香港政府は韓国領事館の協力を得て彼らを隔離することができた。こうした措置にも当時香港では2万6000人余りが感染し、23人の死亡者が出た。当時香港特派員だった記者が衛生署関係者に「あまりに行き過ぎた措置ではないのか」と尋ねた。彼は「1人の命を生かすことができるなら700万香港市民の不便も甘受しなければならない。それが民主主義ではないのか」と問い返した。最近香港政府がMERS陽性判定を受けた韓国人K氏の接触者に対する隔離・追跡だけでなく韓国から来たすべての旅行客まで監視を強化した理由だろう。

韓国政府はどうなのか。K氏の出国はすでに政府が謝罪したのでミスとしよう。ところでどうしてK氏と接触し帰国した人が再び香港に出国することが可能だろうか。香港の論理で見れば自由の仮面をかぶった極端な利己主義と他人の生命軽視に対する放任行政といえる。隔離が伝染病拡散を防ぐ基本という防疫の常識さえ無視したわけだ。この政府にしてこの国民ありということか。新型インフルエンザ流行当時に隔離を拒否し非難された韓国人の市民意識喪失は数日前に香港で韓国人女性2人が一時隔離を拒否して6年ぶりに再発した。韓国政府の無概念対処と後進的市民意識はそのまま国益に対する損害として返ってきている。すでに中国人の82%が「K氏出国を防がなかった韓国政府は謝罪し釈明すべき」とする世論調査結果も出てきた。旅行会社には韓国旅行をキャンセルするという中国人の電話が続く。個人の自由だけを考慮した韓国政府の民主(?)防疫のおかげで国のイメージ墜落だけでなく、途轍もない経済的損失がすぐ目の前に差し迫っている。

チェ・ヒョンギュ北京特派員

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【取材日記】SARSに立ち向かった香港の市民意識=韓国

    2015.06.03 11:38
    뉴스 메뉴 보기
    イラスト=キム・フェリョン
    TOP