주요 기사 바로가기

3次感染2人、病院6人部屋使用…防疫網抜け出たMERS=韓国(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.03 09:32
0
中東呼吸器症候群(MERS)の3次感染者発生により大規模感染の懸念が大きくなった。3次感染というのは最初の患者に感染した2次患者からさらに別の人が伝染することをいう。中央MERS管理対策本部は「今月1日、追加でMERS確診判定を受けた6人のうち23人目の患者(73)・24人目の患者(78)は、16人目の確定患者(2次感染者、40)と接触して感染したことが確認された」と明らかにした。彼らはそれまで確認された感染者とは違い、最初の患者との接触が全くなかった。最初の患者から2段階以上を経てウイルスが感染した3次感染者である。

彼らにウイルスをうつした2次感染者は先月31日に確診判定を受けた16人目の患者(40歳、男性)だ。この男性はほかの呼吸器疾患で先月15~17日に最初の患者がいた京畿道(キョンギド)B病院の同じ病棟に入院した。当局は、この男性がこの時にMERSに感染したとみている。彼はその後退院して大田(テジョン)の自宅にいたが先月20日頃に高熱症状が現れた。この男性は症状がひどくなり先月22~28日に大田のD病院に入院して症状が悪化、28~30日により大規模な大田E大学病院に入院した。

3次感染者2人はこの男性とE大学病院で3日間、同じ病室(6人部屋)を使っていた。2つの病院はこの男性がB病院に入院した事実を知らなかった。すでにMERS拡散事態で全国が騒がしくなっていた時だったが保健当局は第一線の病院に関連情報を全く提供していなかった。高麗(コリョ)大学医大予防医学教室のチョン・ビョンチョル教授は「全国の病院にMERSが疑われる患者や隔離対象者が訪問した病院がどこなのかという程度を知らせれば、疑わしい患者が来院したときに隔離できる。拡散を防いで医療スタッフやほかの患者を保護するための最低限の措置」と話した。病院が患者の診療過程をまともに調べていないのも問題だ。該当地域の保健所関係者は「国内でMERS患者が出てきた局面で、感染内科専門医がいる大学病院で患者を隔離措置できなかったことが遺憾」と話した。
3次感染2人、病院6人部屋使用…防疫網抜け出たMERS=韓国(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP