주요 기사 바로가기

10.9%急減…悲鳴上げる韓国の輸出

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.02 09:52
0
先月の韓国の輸出が5年9カ月来となる最大の下げ幅を記録した。産業通商資源部が1日に明らかにしたところによると、5月の輸出は423億9000万ドルで前年同月より10.9%減った。減少率で見ると2009年8月の20.9%以降で最大だ。輸入は1年前より15.3%減の360億7000万ドルだった。これにより貿易収支黒字は63億2000万ドルを記録した。2012年2月から40カ月連続で黒字を記録しているが、輸出より輸入の減少幅が大きい不況型黒字だ。

産業通商資源部は、「先月の輸出不振は原油価格下落により輸出品目の単価が下がる状況で釈迦誕生日の祝日により操業日数まで1日減ったため」と説明した。だが、輸出単価の下落だけで最近の輸出不振がすべて説明できるのではない。先月の輸出は物量基準でも1年前より3.1%減少した。今年に入って物量基準で輸出が減少したのは2月の1.0%減と4月の0.9%減に続き3回目だ。輸出物量自体が減るということはそれだけ韓国企業の輸出競争力が落ちたという話だ。

主要品目別に見ると、スマートフォンなど無線通信機器が26.6%、コンピュータが22.3%、半導体が4.8%増えた程度で、これに対し自動車輸出は7.9%減少し、鉄鋼も19.2%減った。原油価格下落により石油化学が22.8%減、石油製品が40.0%減とさらに大幅に減少した。地域別(5月1~20日基準)では中国と中南米を除いた米国、欧州、日本への輸出がすべて減った。特に1~3月期に好調を見せた米国への輸出も2カ月連続で減少した。

専門家らは最近の輸出不振をそのまま放置してはならないと指摘している。円安とユーロ安で韓国企業が日本企業やドイツ企業と競争するのが厳しくなり、中国もやはりこれまでの加工貿易から脱却し高付加価値産業を育てているためだ。ソウル大学のイ・ギョンムク教授は、「韓国の核心産業が日本と競争しているので円安に対する適切な対応策が必要だ。長期的には政府規制を緩和して輸出を率いる新たな産業と企業を育てなければならない」と助言した。現代経済研究院のイ・ジュンヒョプ経済動向分析室長は、「世界経済がサービス業と現地生産中心に再編されたため経済成長ほど貿易が増えないという限界がある。ウォン円相場を安定させ中国内需市場を攻略しなければならない」と話した。

韓国政府は輸出不振を打開するために長期対策と短期対策をともに推進する方針だ。ひとまず電子商取引など現地流通網を活用して中国市場進出を拡大し、景気が回復している米国と自由貿易協定(FTA)を締結したオーストラリア、カナダなど有望地域を対象に市場攻略を強化することにした。中小企業のための貿易保険支援も昨年の38兆5000億ウォンから今年は43兆5000億ウォンに拡大した。また、中長期的に主力産業の輸出競争力を高めるための総合対策をまとめ今月中に出すことにした。

企画財政部のチュ・ヒョンファン第1次官はこの日、仁川(インチョン)市内のホテルで開かれた世界銀行加盟60周年記念コリアウィーク行事で、「6月以降には新車が発売され石油化学業界の施設補修が終わるので輸出が改善されるとみている。品目や地域別に輸出を支援し、さらに補完する部分はないか関連官庁とともに検討している」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP