주요 기사 바로가기

<韓中FTA>習主席「中韓通商関係が飛躍」 朴大統領「歴史的な里程標」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.02 09:04
0
韓国と中国が自由貿易協定(FTA)に正式署名した。2012年5月に交渉を開始して以来3年ぶりだ。尹相直(ユン・サンジク)産業通商資源部長官と中国の高虎城商務相は1日、ソウルグランドハイアットホテルでFTA協定文に署名した。昨年11月の韓中FTA実質妥結宣言、今年2月の仮署名に続く、交渉の最後の手続きだ。英語の文言だけを調整した仮署名とは違い、今回は3つの言語の協定書(英語・韓国語・中国語)にすべて署名した。

両国首脳はこれに合わせて親書を交換した。FTAに対する期待感がどれほど大きいかが分かる。中国の習近平国家主席は親書で、「両国間の通商関係の新たな飛躍にとどまらず、東アジアとアジア太平洋地域の経済統合と世界経済の発展に大きく貢献するだろう」と明らかにした。朴槿恵(パク・クネ)大統領も「両国の戦略的協力パートナー関係をさらに深める歴史的な里程標になるだろう」と強調した。

両国は韓国の国会批准、中国の全国人民代表会議報告手続きを踏んで年内の発効を目標にしている。今年をFTA発効1年目にしてこそ関税撤廃日程を操り上げることができるという判断からだ。FTAが発効すれば、年間の韓国の対中輸出品730億ドル、中国の韓国輸出品418億ドルが無関税となる。対外経済研究院は韓中FTAの発効で、韓国の実質国内総生産(GDP)が10年間、0.96%増加すると予想した。

輸入価格の下落と中国の韓国投資などを合わせて消費者の金銭的恩恵は10年間で146億2600万ドルと推定された。さらに10年間、5万3800件の雇用が創出されると期待される。財政効果の場合、10年間に年平均2700億ウォン(約300億円)の税収増加が予想されるが、最初の5年間は年間1700億ウォンの税収減少が避けられないと分析された。

こうした経済効果は当初の期待に及ばないという指摘もある。2012年の交渉開始当時に予想された実質GDP成長効果(10年間2.28-3.04%)より低いからだ。当時は90%台後半の高い開放率を前提に分析したが、実際の交渉は輸入額基準で中国が85%、韓国が91%の低いレベルのFTAとして妥結したのが理由だ。しかし韓中FTAは単に数値だけで判断できない側面がある。まず人口13億人の中国市場を先に獲得するという効果が大きい。韓中FTA発効時に無関税で輸出される品目の貿易額は年間1148億ドルと、韓国と米国の年間貿易額(1036億ドル)より多い。
<韓中FTA>習主席「中韓通商関係が飛躍」 朴大統領「歴史的な里程標」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <韓中FTA>習主席「中韓通商関係が飛躍」 朴大統領「歴史的な里程標」(1)

    2015.06.02 09:04
    뉴스 메뉴 보기
    尹相直(ユン・サンジク)産業通商資源部長官(右)と高虎城中国商務相が1日、ソウルグランドハイアットホテルで韓中自由貿易協定書に署名した後、握手している。
    TOP