주요 기사 바로가기

JYJパク・ユチョン、ファン8000人と誕生パーティー…「特級サービス」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.06.01 16:54
0
JYJパク・ユチョンが国内ファンたちと共に忘れることのできない思い出を分かち合った。

パク・ユチョンは30・31日の両日、高麗(コリョ)大学花井(ファジョン)体育館で開催した「2015パク・ユチョン ファンミーティング『Housewarming party:Epi 2』」を盛況のうちに終えた。チケットオープンから5分で全席売り切れを記録し話題になったイベントだけに、会場はファンたちの熱気にあふれ、パク・ユチョンの誕生日パーティーとともに約150分間の温かい雰囲気の中でファンミーティングが行われた。

パク・ユチョンの引っ越し祝いをテーマにした誕生日パーティー兼ファンミーティングは今年で2回目。パク・ユチョンはファンたちのバースデーソングの中でケーキのろうそくの火を消して願いを込めながら記念写真を撮るなど、忘れられない誕生日の思い出を残した。またJYJメンバーのキム・ジュンスと俳優ソル・キョングのサプライズ電話で心温まる同僚との友情を確認する時間もあった。

引き続き行われたトークタイムでパク・ユチョンは、ファンたちからもらった最も嬉しかったプレゼントについての話を皮切りに、これまでの作品やJYJメンバーとのエピソード、日常生活などファンたちが気になるキーワードに合わせて質問に答える時間を通じてファンたちとの距離を縮めた。

その後パク・ユチョンは「挑戦カラオケ」コーナーで即席でファンたちの推薦曲を披露してラップやバラードなどこれまでステージで見せてきた姿とは別の魅力を発散していた。またシェフに変身してファンたちに直接料理を作ってあげたり、即席でカリカチュアを描いてファンにプレゼントしたりと惜しみないサービスでファンたちを感動させていた。

約150分間に渡って行われた今回のファンミーティングには、国内だけでなく海外からのファンたちも大勢駆けつけた。ただひたすらパク・ユチョンを見るために1つの空間に集まったアジア・欧州・南米などの多国籍ファンたちは、たとえ言語が違っても共に笑い楽しみながら1つの心になってパク・ユチョンを連呼するという、なかなか見られない光景をつくっていた。

パク・ユチョンはこんなファンたちの気持ちに応えるように、歌手イ・ジョクの『よかった』や展覧会の『記憶の習作』、キム・ドンリュルの『もう一度愛してると言おうか』などを披露して、いつもそばで一緒にいてくれる家族のようなファンたちに向けた感謝の気持ちを表わした。パク・ユチョンは「皆さんの前で、気楽な姿をそのまま見せられて幸せだった。いつも感謝し、とても楽しい時間だった」として「皆さんのおかげで映画『海霧(邦題:海にかかる霧)』で大きな賞を受賞できたと思う。『ルシッド・ドリーム』でのさらなる素晴らしい演技で応えたい。たくさん期待してほしい」と所感を伝えた。

パク・ユチョンは第51回百想芸術大賞で『海にかかる霧』で映画部門新人賞を受賞した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    JYJパク・ユチョン、ファン8000人と誕生パーティー…「特級サービス」

    2015.06.01 16:54
    뉴스 메뉴 보기
    JYJのパク・ユチョン
    TOP