주요 기사 바로가기

ムン・ヨングァン韓国男子バレー監督「すべての焦点は韓日戦」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.06.01 13:19
0
韓国の男子バレーボール代表チームが2015ワールドリーグ国際男子バレーボール大会で無気力に2連敗した。

韓国は31日に水原(スウォン)室内体育館で開かれた大会第2戦でフランスに0対3(17-25、21-25、21-25)で完敗した。前日フランスに1対3で敗れた韓国代表チームは第2戦でも敗れフランス戦11連敗を記録した。フランスに勝った直近の試合は2011年に水原で開かれたワールドリーグ(3-1)だ。

レシーブ攻略に失敗した韓国は1セットからフランスに引きずられた。エースのソン・ミョングン(OK貯蓄銀行)がチーム最多の18点を上げたが力不足だった。フランスは順調に得点し簡単に試合を展開した。アントナン・ルージエが12得点、ヌガペスが9得点など活躍した。韓国現代キャピタルで活躍したケビンはブロッキング6個を上げた。

 
ムン・ヨングァン監督は雰囲気反転のため第2・第3セットにひざの負傷で通常のトレーニングをまったくこなせなかった主砲のチョン・グァンイン(韓国電力)まで投入した。ワンポイントサーブとして出てきたがチョン・グァンインはジャンプがよくできず、特有の強力なスパイクサーブを見せることができなかった。

ムン監督は試合後、「負傷戦力が多くベストで試合に出られないのがとても残念だ。フランスの強力なサーブを防ぐのが重要だったができなかった」と悔やんだ。

代表チームのすべての焦点は日本戦に合わせている。韓国は来月6~7日にチェコと対戦した後、13~14日に日本と戦う。昨年の仁川(インチョン)アジア大会準決勝戦で日本に敗れた選手らは今回雪辱を果たすと誓っている。シン・ヨンソク(国軍体育部隊)は「現在チーム全体が準備があまりできていない。最も重要な試合は韓日戦だ。その時まで不十分な点を補完したい」と覚悟を見せた。

ムン監督は日本戦勝利のためにチョン・グァンインの早期復帰を望んだ。ムン監督は「チョン・グァンインはまだひざの痛みがあるが、試合感覚に慣れるために投じた。来週からはリハビリと基本的なレシーブ練習をさせる予定」と話した。その上で「日本は速く精巧なプレーをするのでチョン・グァンインが必要だ」と強調した。

レフトのシン・ヨンス(大韓航空)までアウトになりチョン・グァンインはさらに重要だった。ムン監督はこの日試合を終え「シン・ヨンスを所属チームに復帰させる。ひざ軟骨を損傷したがリハビリ中にまた同じ部位に痛みを感じ所属チームに送ってまともに治療を受けるのが良いと判断した」と伝えた。

シン・ヨンスに代わるカードはやはりチョン・グァンインだ。チョン・グァンインがレギュラーで入れば守備型レフトを任せ、ソン・ミョングンを攻撃型レフトに使うつもりだ。チョン・グァンインというカードはさまざまな面で活用度が高い。ライト起用も考え中だ。まだコンディションが仕上がっていないクァク・スンソク(大韓航空)が入り守備型レフトを引き受ければチョン・グァンインをソ・ジェドクのようにライトで活用する計画も持っている。だが、すべての計画は選手が1日も早くコンディションを引き上げる時に可能だ。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP