주요 기사 바로가기

【社説】違法整形ブローカーが医療韓流を殺す

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.27 13:26
0
中国観光客に整形手術を斡旋して手数料を得ていた違法ブローカー11人が検察に大量に拘束された。あるブローカーは手術費の最高90%を手数料として得ていた。ある中国人女性は市価の30倍を超える2億ウォンを払って胸の整形手術を受けるぼったくりに遭っていたことが明らかになった。

2009年の医療法改正で登録だけすれば外国人患者を誘致できる。だが、江南(カンナム)など整形外科密集地域には登録していない違法ブローカーが大手を振って歩いている。現在最小2000人以上の違法整形ブローカーが活動していると推定される。違法ブローカーはぼったくり料金や脱税だけでなく、過剰施術を勧め医療事故の危険も抱えている。

医療産業は良質の医療陣を保有している韓国の新しい成長動力だ。昨年は25万人が医療観光で訪れた。このうち美容整形施術を受けた中国人は5万6000人に達する。医療観光客が増えれば韓国の整形外科病院が好況を享受しなければならない。ところが現実は正反対だ。何年か前から手術費の最高90%をブローカーに払う異常な構造がはびこり廃業した整形外科も多い。韓国の整形外科病院が中国人ブローカーの下請け業者に転落している格好だ。

このようになれば中国人顧客が途絶える懸念が大きい。ブローカーのぼったくり料金を病院の責任と誤認し不満が高まっているためだ。最近中国政府は中国人観光客の整形手術事故が相次いでいることから韓国政府に対策を要請したほどだ。

もう保健医療当局だけでなく、地方自治体、警察、検察がともに違法ブローカーに対する強力な取り締まりに出なければならない。違法ブローカーに寄生して利益を得ている病院と医師も処罰してこそ乱れた市場秩序を正すことができる。大韓整形外科医師会で主張する整形手術費の付加価値税払い戻しも導入する必要がある。中国人顧客が税金を払い戻してもらうために申告すれば脱税と違法斡旋行為を効果的に減らせるはずだ。

違法ブローカーは韓国に何の利益ももたらさない。かえって「医療韓流」のイメージを害し発展の障害になるだけだ。違法ブローカーを根絶できなければ医療韓流もない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP