주요 기사 바로가기

中国「海上での武装衝突に備え、軍事準備を強化」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.27 11:39
0
中国が、海上での武装衝突や突発的事件に対する軍事的な準備態勢を強化すると明らかにした。最近、米国と中国間の緊張が高まっている南シナ海問題により積極的に対処していくという意志を表明したという分析だ。

中国政府は26日に公開した「2015年国防白書」で、「中国は多元化され複雑な安保脅威に直面し、外部からの抵抗と挑戦が継続して増えている」と指摘した。中国政府はこうした状況に対処するために「国家の主権と安全、国家の海洋権益の守りを強化し、武装衝突や突発的事件に対する準備を強化する」と強調した。

香港メディア鳳凰網は「これまで中国の海軍は中国近海を主な作戦範囲として設定していたが、今回の白書ではこれを近海と遠海に拡張したことが特徴」としながら「これは南東の中国海域での領有権紛争を念頭に置いたもの」と分析した。

中国政府は今回の白書で、中国の国家安保を威嚇する主な要因として▼米国のアジア再均衡戦略▼日本の戦後体制からの脱皮追及および軍事安保政策の大規模調整▼中国領土に対する個別国家の挑発的行為▼韓半島および北東アジアの不安定要素▼テロリズム・分裂主義・極端主義活動などを取り上げた。

中国政府はこうした状況で中国が平和的発展を持続するためには「戦って勝てる強い軍隊を建設することが必須」と指摘した。中国政府はしかし「中国の軍事力強化は決して地域覇権の掌握を目標としない」として「積極的な防衛戦略は中国共産党の軍事戦略思想の基本」と強調した。これに関連して、中国軍総参謀部傘下の作戦部の張玉国准将は「他人が私たちを脅かせば私たちも必ず対応する」と警告した。

今年の国防白書は2013年国防白書とは違い、中国軍の兵力運用現況や武器保有の現況などは公開しなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP