주요 기사 바로가기

ハリス米太平洋司令官「北朝鮮のため眠れず」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.27 10:34
0
ハリー・ハリス新米太平洋司令官(59)は25日(現地時間)、「我々が直面している最も大きな脅威は北朝鮮」と述べた。

27日に就任するハリス新太平洋司令官はこの日、週刊誌タイムのインタビューで、「予測不可能な指導者が、我々の同盟国である韓国と日本を攻撃しようと狙っている」と述べ、このように明らかにした。

ハリス司令官は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記の名前には触れず、「彼は核兵器とともにこれを大陸の向こう側に飛ばす手段を確保しようとしている」とし「自分と考えが違う周囲の人たちも殺している」と指摘した。また「北のために睡眠が取れない」とも述べた。

中国が南シナ海で建設中の人工島を3月に「砂の長城」と批判したハリス司令官は「中国は2000エーカー(8平方キロ)の人工島を建設しているが、これはサッカー場1500個分の大きさ」とし「中国は周辺国に不安感を抱かせ、域内の緊張を高め、平和を害している」と改めて懸念を表した。ハリス司令官は「国際法と規定を守る時、我々は常に中国の寄与を認めた」と付け加えた。

日本横須賀で生まれたハリス司令官は母が日系米国人。韓国戦争(朝鮮戦争)に参戦した父が1950年代半ば、日本で服務し、母と出会った。ハリス司令官は「母が私に教えたのは日本語で『義理』だった」とし「今でもこれを守っている」と述べた。続いて「私の(出身)背景が日本との関係を増進するのに役立つことを希望する」と説明した。また「私の背景は韓国との関係にも役立つ」とし「父が韓国戦争に参戦し、私は韓国の文化を深く理解しながら育った」と強調した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    ハリス米太平洋司令官「北朝鮮のため眠れず」

    2015.05.27 10:34
    뉴스 메뉴 보기
    ハリー・ハリス新米太平洋司令官(59)
    TOP