주요 기사 바로가기

米国、バージニア州慰安婦記念碑建設1周年記念式…歴史修正主義を批判

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.22 16:04
0
昨年、米国バージニア州に立てられた旧日本軍慰安婦記念碑が1周年を迎えた。

ワシントン挺身隊問題対策委員会(WCCW)は21日(現地時間)、フェアファックス・カウンティ政府庁舎講堂で1周年記念式を行い、軍慰安婦被害をはじめ、過去の問題が単に韓日間の問題ではなく女性と人権に対する普遍的な問題であることを再確認したと韓国の聯合ニュースが報じた。

報道によると、記念式の演壇に立った人々は、韓国側とも米国側とも関係がなく、日本の歴史修正主義、すなわち帝国主義の日本が侵略した国家で犯した蛮行を否定しようとする動きに対し鋭い語調で批判した。

米ジョンズ・ホプキンス大韓米研究所のデニス・ヘルピン研究員は「日本を良い同盟だ、友人だ、と言っているが、その言葉は我々が過去を忘れるべきだということを意味するわけではない」と指摘した。また、ヘルピン研究員は「歴史から逃れられない」というエイブラハム・リンカーン元米国大統領の言葉を引用して「奴隷制度であろうが軍慰安婦の性的奴隷被害であろうが、過去の過ちからは逃れることはできない」と明らかにしたと同メディアは伝えた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP