주요 기사 바로가기

【時視各角】日本ではコンテナで買っていく中国人観光客(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2015.05.20 09:19
0
ところが遊客全体の好みが倹約ショッピングに変わることはないと思われる。昨年、遊客のブランド品購買額は810億ドルで世界ブランド品販売額の35%に達した。また日本では今回の春節10日間で1兆ウォンを超えるお金を使った。免税店ごとにブランド品が品切れ状態になり、街中のデパートも電子ジャー・ビデなどは陳列商品もなくなるほど売れた。ある中国メディアは日本でテレビ・冷蔵庫からコメまでも小型コンテナでショッピングする遊客を批判する記事を出した。日本のコメは清浄米だとしてオンラインで配達までしているのだ。

日本ではコンテナでショッピングする遊客が、韓国では10枚1セットが1万~2万ウォンのマスクパックへと傾く。なぜ彼らは高いものは日本で買い、韓国では安いものを買うのだろうか。業界では低価格観光にともなう“安モノ”イメージが固まってしまったのではないかと心配する。お金を使いたい観光客は韓国を無視して日本・欧州などに足を向けているという話だ。それでショッピングインフラ構築に先立ち、観光インフラの再整備からすべきだという話が出てくる。

この頃、私たちはもらっても使わない日本製の電子ジャーに中国人は熱狂している。「往年の名声」効果ではないだろうか。日本はブランドとイメージマーケティングで成功している。韓国もプレミアムイメージを強調する。しかし品目が限られ、化粧品やファッションの躍進は「韓流スター」の後光効果とみるべきだ。国家イメージ・ブランド・商品競争力などを広く知らしめるマーケティング努力よって韓流を通した「偶然の幸運」に錯覚現象を起こして安住しているのではないか、免税店を増やして安い商品を売るのに集中しているのではないか点検しなければならない。化粧品・ファッションではなくても韓国には売るべき物がとても多い。すでに気前のいいショッピングに出た遊客がコンテナでショッピングに行けるように「総合的な国家マーケティング戦略」が必要だ。

ヤン・ソンヒ論説委員
【時視各角】日本ではコンテナで買っていく中国人観光客(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP