주요 기사 바로가기

安倍首相、集団的自衛権行使法は「日本と世界の安全・平和のため」主張

ⓒ 中央日報日本語版2015.05.15 10:43
0
日本の安倍晋三首相は、14日に閣議決定した集団的自衛権行使関連法案が「平和と安全を確かなものにする」と主張した。

安倍首相は首相官邸で記者会見を行い、「国民の命と平和な暮らしを守り抜く、この決意のもと、本日、日本と世界の平和と安全を確かなものとするための平和安全法制を閣議決定いたしました」と述べ、集団的自衛権の必要性を強調した。

安倍首相は「アメリカの戦争に巻き込まれるのではないか。漠然とした不安をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。そのようなことは絶対にありえません。(法が成立すれば)抑止力は更に高まり、日本が攻撃を受ける可能性は一層なくなっていくと考えます。戦争法案などといった無責任なレッテル貼りは全くの誤りであります」と伝えた。

安倍首相は北朝鮮に対しては「北朝鮮の数百発もの弾道ミサイルは日本の大半を射程に入れている。 そのミサイルに搭載できる核兵器の開発も、深刻さを増しています」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP