주요 기사 바로가기

パク・ユチョンの怒り爆発=視聴率上昇

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2015.05.14 17:06
0
なぜかパク・ユチョンが怒るとすぐに視聴率が急上昇した。こんなことなら毎回怒らなければならない雰囲気だ。

14日、視聴率調査機関ニールセンコリアによれば前日放送されたSBS(ソウル放送)の水木ドラマ『匂いを見る少女』は全国視聴率8.7%を記録した。

これは13回ぶりに自己最高視聴率で、同時間帯では確固たる2位。これまで『アングリー・マム』と激しい2位争いを繰り広げたが今は完全2位で、1位の『優しくない女たち』を狙っている。

特に今回の放送の主人公はパク・ユチョンだった。その中でも怒りの演技だ。パク・ユチョン(チェ・ムガク)は目前に迫る連続殺人犯をたやすく検挙できない状況に憤慨し、爆発する怒りでその場を圧倒した。

パク・ユチョンがナムグン・ミン(クォン・ジェヒ)に宣戦布告する姿が描かれた。パク・ユチョンはナムグン・ミンを訪ねて行って「俺がちょうど家に入ってきたから腹が立ったか。お前は俺の妹を殺した。お前はすでに僕の家を崩壊させた。お前はすぐに死ね」と言ってきっ抗した神経戦を繰り広げた。

また、シン・セギョン(オ・チョリム)の代わりにユン・ジンソ(ヨムミ)が拉致された事実を知ったパク・ユチョンは、ナムグン・ミンに銃を向けて一触即発の緊張感をかもし出した。

このようにパク・ユチョンは鋭いナイフのような目つきと爆発するような憤怒の演技でドラマの没入度を高めた。今まで見せてきたシン・セギョンとの甘いロマンスではなく今後どのように復讐の刃を向けるのか視聴者たちの期待感を高めるのに充分だった。

『匂いを見る少女』は、匂いが目に見える超感覚少女と、どんな感覚も感じられない無感覚刑事が主人公のサスペンスラブコメディだ。2049視聴率(20~40代を対象にしている)・再放送・コンテンツパワー指数ドラマ部門・中国や米国など各国でドラマ評点部分ランキング1位を占めている。

放送は毎週水・木曜日午後10時からだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    パク・ユチョンの怒り爆発=視聴率上昇

    2015.05.14 17:06
    뉴스 메뉴 보기
    水木ドラマ『匂いを見る少女』のキャプチャー(写真=SBS)
    TOP